スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Comment  |  Trackback

オーストリアに行ってきました。

mittersill-3-7.jpg


結論から言うと2日半の釣行で
1日目;自分: ゼロ匹
    妻: 1匹

2日目;自分: 2匹
    妻: 2匹

3日目;自分: ゼロ匹
妻: 1匹

で完全に妻に完敗。
結局冷静に考えてみると毎日魚を手にしたのは強化合宿参加者の中で妻だけということになった。
以下ダイジェスト。


1日目

初日はすぐ後ろをローカル線が通る川で悪巧みさんが「釣れました」と事後報告。
トランシーバーがウェーダーのくるぶしの辺に落ちていたらしい。(笑)
どうりでピーピー呼び出し音がなってると思った。
mittersill-1-2.jpg
この日場所を変えた二箇所目で妻が待望の一匹を上げる
mittersill-1-3.jpg

この日はこれで終了。
夜にスティーリーさんの部屋でこの日妻がなくしたマドラーを3つ巻き足す。


2日目

憧れのKrimmler Acheに乗り込む。
いきなり悪巧みさんがガンガン先行する。
だけど暫く誰の竿も曲がらない。
妻が一箇所で粘っているなと思ったらちゃっかりこの日最初の魚をゲット。
mittersill-2-1.jpg
その後、悪巧みさんからドライに出たとトランシーバーに連絡が入る。
そしてその数十分後にはスティーリーさんも悪巧みさんをカメラマンにしている様子。

依然として自分だけボウズ状態。
釣り始めて3から4時間、最悪のシナリオが頭に渦巻く。
ここまで来てボウズ?・・・。

これはこれで伝説かもしれないが個人的には避けたい事だ。

そのうちにトランシーバーからスティーリーさんの声、「ドライで出るよ」とのこと。
そうして流れが川と逆に巻いている溜まりのところでポトリとアダムス#14を落としたとき、

川底から黒くて長細いのが上がってくるかと思ったら自分のフライにパクついた。
夢中であわせを入れてドキドキしながら取り込んだのがこの救世主ブラウン。
mittersill-2-3.jpg
ボウズを回避させてくれた。

そのすぐ後に岩のすぐ横に定位している魚を見つけてニンフを流したらヒューっと出てきて口を使ったけど乗らず。
でももうボウズじゃないのでバレても余裕です。(笑)
そうしたら妻がもう一匹釣ったとの連絡が入る。
この時既にスティーリーさんは急流区間でバシバシ釣っている。

ふと気が付くと足元に高山植物が咲いている。
mittersill-2-5.jpg


自分は何となく、この景色の雰囲気の中で釣りが出来ている事と、とりあえずボウズを回避していることに満足して
気持ちよくラインをキャストしている。
気が付くと物凄くお腹が空いている事に気がついて時計を見るともう3時。
タクシーの待ち合わせ場所の二個目のレストランはまだ見えない。

道沿いに歩くとレストランと行く看板をみつけたと悪さんから連絡があるが、自分はチョットだけ道からそれて川沿いに進む。
深かそうな淵を横目に抜けて岩場を越えるとレストランが見えて、これまたいい感じに川が続いている。

時間ギリギリだけど段々になったポイントにアダムスを流す。
たちまち下からひし形の口が上がってきて自分のアダムスが消える。
反射的に合わせをいれて不恰好に取り込んだのは自身初めてのブルック。
mittersill-2-8.jpg

それにしても岩魚系の魚はカッコイイー!

それからすぐまたかかったけどバレて、またすぐかかったけど根に入られてラインブレイク。
ほぼ岩ごとに魚が出る。ここに来てKremmer Acheの本来の姿を見た気がした。
なんか呼ばれている気がして上を見るとタクシーが来ていた。
走りながらラインを巻ききって竿をたたみ、既に自分だけを待っている状態のタクシーに飛び乗った。

麓についてから止水に移動するもモジリ、ライズはあるがフライには反応なし。
納竿。

この夜もスティーリーさんの部屋でアダムスを4つ巻き足す。
スポンサーサイト
Home |  コメントアイコン Comment12  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

106

Author:106
元ベルギー在住
現 中部地区在住
欧州で釣りがしたくてフライフィッシングを始める。
帰国後も懲りずにつづけています。
Bozemann:元ベルギー ブリュッセル支部
現 中部地区所属
(ニックネーム:106&106奥)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。