スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Comment  |  Trackback

親睦会

2011年6月24,25日
激しい雨

僕の職場には釣り好きが沢山いる。
でも全員ルアーマンで、以前にもフライvsルアー対決をした事がある。

その対決をした管釣りに有志による職場親睦会のため、一泊二日で釣行に出かけたのでした。
嫁は別の約束があったのでお休み。

前回の対決では魚の食いが渋くてニンフのフリーフォールメソッドに分があった。
でも今回は行く前から雨なのがわかっていたので恐らく池の水は濁っているだろうと想像していたし、
「待ち」のルースニングではなく、「誘い」のストリーマー引っ張りで行こうと思っていた。

現地に着くと、やっぱり水はコーヒー牛乳のようになっていた。
一応、前回調子のよかったニンフを結んでフリーフォールで待って見たけど
そんな小さな的は見つけてもらえないらしく、全く反応がない。
チョット作ってみたなんちゃってイワイミノーとシンキングラインで
ブービートラップにしてためして見ても反応なし。
しかも"ナンチャッテ"はすぐに壊れた。(笑)


色々試したら#8オリーブマラブーに白ハックルのヤツをゆっくり引っ張るのが一番反応が良いみたいだったので、
フライはこれで固定。
とにかくこれでよく釣れた。

2011_6_24鹿島槍‐1
ココの名物でもあるアルビノ虹、 通称:金魚
これを金魚モーハマで狙ってみたけど不発だった。(笑)

2011_6_24鹿島槍‐2
"銀化したなにか"とかも混じってます。

2011_6_24鹿島槍‐3
ココのブラウンは胸鰭が退化しているのがほとんどで、写真を撮るのはいたたまれないけど、これは綺麗な魚体だった。

2011_6_24鹿島槍‐4
OVの虹に比べると大人しいもんです。

2011_6_24鹿島槍‐5
ジャガーっぽいブルックは40cmぐらいだったけど、上の虹よりはるかに引いた。

というわけで管釣りなので色々釣れて楽しく過ごせました。
スポンサーサイト
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

明と暗

2011年4月29日
晴れ
気温:13度

先週に続き、調子に乗ってR156から分岐していくわりとよく聞く名前の川に釣行。

流石に良く聞く川なだけに昼から入渓して以来「異常なし」が続き、
そのうちにイカニモナ淵にあたったので嫁がカディスを流し、
やはり異常が無いので、交代して僕が先週良かったアントを流し、
散々流した挙句に対岸の木の根に引っ掛けたのでそれをザブザブ回収に向かい、
その間に嫁がまたなんとなくカディスを流したら黒い影がバシャ、
食いきれなかった魚にもう一度流す。
また食いきらない、もう一度、もう一度、
そしてフッキングしてあがったのが岩魚31cm。
2011_4_29 Itadori-2

嫁にとって初めての岩魚が尺越え。



Home |  コメントアイコン Comment10  |  Trackback0

リハビリ

2011年4月15日

2月に帰国後初釣行と考えていたが、予定していた週末を逃してからは
色々と野暮用が重なって4月になって漸く釣行再開となった。

と言っても、以前から予定していた会社の同僚との管理釣り場への釣行。
場所は長野県にある鹿島槍ガーデン。
魚が大きいということだけど軽いタックルで充分だろうということで#4を用意。
2011_4_15 Kashimayari-4

同僚3人はスピニング、我が家はフライというグループで対決とは言うものの、軽い感じでスタート。
ここの池は1号~3号池まであって、3号池はC&Rとなっている。
入っている魚種はレインボー、ブラウン、オショロコマ、アメマス、イトウ。
1号池には50cm以上の大物ばかりが入っていてメーター近いイトウもいる。
2号池は養殖場のように魚が入っていて、なによりもうれしいのはRabaisStrangeのように新規さんに厳しいことは無く、
釣り始めて10分ぐらいでいきなりインジケーター無しの#14のニンフにて一本ゲット。
2011_4_15 Kashimayari-1
妻もすぐに良型をゲット。
2011_4_15 Kashimayari-2
虹鱒は入れられたばかりなのかヒレピンで綺麗な魚体だったが、ブラウンは胸鰭も無いようなのもいて、
ちょっといたたまれない気持ちになる。

一号池では大物がいるというのでOV仕様の#6シンキングラインで挑んだが、掛かった途端に対岸まで一気に走られ、
沈石にすれて0Xのティペットがブチブチ切られる。
走らせないように踏ん張ろうとしても、定期的にペレットを与えられてボリュームたっぷりの魚体はもの凄いパワーで、
#6では力不足を感じさせられた。
2011_4_15 Kashimayari-3
何とか上げたデブブラウン。

一日いてこの日の結果はフライ組の方に軍配が上がった。
動くものへの反応が鈍かったようだ。
飽きない程度に釣れて、管釣りで良い思いをしたことが無かったので我が家は満足だった。

近くにある宿と協力してセット価格で利用出来るのとのことで、職場の親睦会でまた行くことになるそうだ。
次は#7-8を持っていくことにしよう。


でもせっかくポイントも教えていただいているので渓流にも早く行かねば。
ミッチーさんポイント教えていただいてありがとうございました。
Home |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

106

Author:106
元ベルギー在住
現 中部地区在住
欧州で釣りがしたくてフライフィッシングを始める。
帰国後も懲りずにつづけています。
Bozemann:元ベルギー ブリュッセル支部
現 中部地区所属
(ニックネーム:106&106奥)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。