スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Comment  |  Trackback

KUSONBO

2012年5月28日(月) 晴れ 気温18℃

用事があって、年休をいただきましたが午前中で済んだので、チョイ釣り第二回を慣行。
福井県の方へ行こうと思っていたら最近になって釣り場の周辺で事件があり、ちょっと怖いのでやめて(笑)
先週に良い目をみた小川へ出向いた。

現地に1時半ぐらいに到着して、釣具屋のオバちゃんが言うには朝には雹がふったり、
雨が降ったりしていたけどすぐ止んで、でもまたさっき降っていたらしい。
だけど川は先週より水位が下がっているし、よくわからんコンディション。

いつもより下流のポイントから入渓して、数投でチビが何回も出るけど乗るまでには至らず、また出るけど
乗らない、の繰り返し。
水中でギラッとした魚体は明らかにヤマメかアマゴに見える。

たまに15㎝ぐらいのやつも横からひったくるように出るけど、どうも口を使う前に見切られている感じ。

そのうちにそんなアタリはなくなり、そしてこれが釣れた。
2012May28-1

地元ではKUSONBOと呼ばれるかわいそうな奴ですが、これでもBoze逃れといってよいのか?

気持ち的には0.5Boze(笑)




スポンサーサイト
Home |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

初めてのチョイ釣り

2012年 5月 19日(土)快晴 気温23℃

先週のK師匠との釣行で得た色々な情報、忘れる前にもう一度反芻する意味もあって我が家のカーチスクリークへ釣行。

先週たくさん失くしたので嫁の分も含めて巻足した♯14パラシュート部隊。
2012May19-1.jpg

朝ゆっくり出て8時ごろ現地に着くと餌師が準備中だった。
そんなに魚影が濃いわけでもなく、秘渓というわけでもなく、ただ誰の目にも止まらないほどの過疎村を流れる里の川、そんなイメージだったが流石に長良川水系、どこも激戦区です。

餌師から距離を置いて車を停めて入渓する。

去年の実績ポイントから始めるが反応はない。全くない。
やっぱりGWに抜かれているのか?
不安がよぎり、あの見えているカーブを超えても反応がなければ場所を変えようと思っていると、
ズルッと滑って左半身水浸しになった。

幸い今日は天気がいいのでこのまま続行。
横の田んぼでは地元の農家がなにか作業をしている。

なんとなく目が合った休憩中のオバちゃんが話しかけてきた。この先の堰堤で魚が見えるよとのナイスな情報。
ほんじゃ、そこまで上がってみようと思っていたら
嫁がプリプリのイワナをキャッチした。

2012May19-12.jpg

本日もコムさんが事件を期待している。
このプレッシャーから早く解放されたいと思い、堰堤まで僕が先行して進む。

ガンガン進む。
そして進む。
もうちょっと進む。

なぜかタニシが釣れる。
2012May19-2.jpg

いよいよ堰堤が見えてきた。
さっきからしているようにフライを流す。

忘れかけていた魚の反応に不意打たれ、反射的にあわせた。
水中でギラッとしてランディングしたのはアマゴだった。
もうすっかり山岳渓流の様相なのにココでアマゴ?って意外だったがうれしい一匹。

2012May19-5.jpg

プレッシャーからも解放されたし、アマゴに遭いたいと思っていたので最高です。

交代して嫁が堰堤の落ち込みを狙う。
先週、師匠に堰堤の狙い方をみっちり教わっていた嫁は何投かで反応を引き出した。
が、一瞬乗って水中に消えていったそいつはデカイ感じだったので惜しいことをした。

その堰堤を超えて上がってみたが生命反応なしだったので、あきらめて下流に移動することにした。
時計をみるとちょうど12時、今朝、餌師がいた場所から少し下流に車を停めて見る。
ココでもカモシカとご挨拶。
2012May19-7.jpg

チョット様子を見ると嫁がイワナをかけた。
2012May19-13.jpg

交代して僕が先行すると、これまたサクッとイワナがでた。
今の時期になぜかサビの入ったイワナ。
2012May19-9.jpg



また交代して、釣れたら交代して、なんか欧州の川でやってたローテーションを思い出す。

そのうち先行している嫁と後ろでセコイ場所をチマチマ狙っていた僕と両方に魚がかかり、帰国後初のダブルランディング!
2012May19-10.jpg

今朝の餌師の竿抜けにしては魚影が濃すぎるのが気になるけどたくさん釣れたので、ま、いいか。
でももっと魚がいたってこと?

時計は15時。2人で丁度10匹釣れてもう十分なので今日はこれで納竿。
家まで高速で1時間、明るいうちに帰宅できるなんてなんか贅沢。



今日もたくさん自然を見た。
脱皮して体を乾かしている真っ白なトンボ。
2012May19-4.jpg

カメノコテントウ。
結構飛んでいました。
2012May19-11.jpg
Home |  コメントアイコン Comment7  |  Trackback0

師匠と

2012年5月12日(土)晴れ時々小雨 気温8℃

K師匠が中部地区にやってきた。
釣行をジミーさんがアレンジしてくれたのでミッチーさんとそのお弟子さんも加わり、
我が家と合わせて6人のパーティーとなった。

駐車場所に僕たちの車が到着した時には先行車両が停まっていたので不安が走ったが、
とりあえず釣り場を見ることにして、我が家と師匠は上流を目指した。
歩き出してすぐにみえた先行者はルアーマンだった。
邪魔をしないようにある程度区間を飛ばして上流を目指し、最初はコムさん情報で調子がいいとの支流を狙うつもりだったが、
なにせ前は一年前の釣行でうろ覚えの我が家は支流への道を通り過ぎてしまい、
そのまままっすぐ道沿いに遡上してしまったので仕方なく
ここまで来たら先行のルアーマンの邪魔にはならないだろうというところで入渓することにした。


入渓後、師匠はサクッと一匹釣りあげ、続けてまぁまぁなサイズを釣り上げた。
スゴイスゴイとは聞いていましたが、師匠のフライは物理に反した動き、というか
動くはずのフライが流れの中で留まっているのでした。

テレビで見たことがある。
大体“師匠”と呼ばれる人は何でも簡単そうにこなす。
そんな感じだった。
そうこうしている内に嫁も一匹釣りあげ、なんとなくイヤな空気が流れる。

今日来れなかったコムさんが事件を期待している…。
事件?いやそれは自分におこるものではない、そう信じながら師匠が魚を出した場所のちょっと上流にフライを流す。
大きな岩があって、その死角になるなるところを流れたフライを僕は一瞬見失い、なんとなく不安になったので
竿を起こしたら水中でギラっと魚が翻った。
完全に向こう合わせだったがここでバラスと一日が重い空気に包まれることはわかっているので慎重に後ろに下がりつつランディング。
まぁまぁなサイズだった。
こうして気持ちよく一日が始まった。
師匠も笑顔。さあここからは一日を楽しもうとおっしゃった。
2012May12-1.jpg

だけど最初に入渓したポイントが妙に魚影が濃かっただけで、その後全体的にシブイ印象だった。
嫁が先行して釣りあがるもののなかなか反応がない。そのうちライントラブルとかで師匠に先行してもらう。
そうするとサクッと釣れた。そして
「魚、いるいる。」
と教えてくれるのでした。(笑)

我が家にとって魚はたまに反応があるぐらいでなかなか会えない存在だったが
それでもその反応があるなかの一つ二つをとれたりしたので十分楽しめた。
2012May12-3.jpg
2012May12-4.jpg

一方、もう一つのパーティーのミッチーさん、ジミーさん、新弟子さんの方はというとまず朝一で駐車場所から
下流に移動して釣りあがるパターンだったが午前中はジミーさんに釣果があっただけだったらしい。

午後一度合流するために下山してからもう一度今度はちゃんと支流に入るために我が家が師匠に先行して
入渓した。師匠はミッチーさん組と合流してから後を追うとの事だった。
入った途端、朝のルアーマンが下山してきてもうここに入ったよと声をかけてくれた。
僕たちが追い越していくのを見て支流に入ったらしい。
そしてそのルアーマンは後から追いかけてきた師匠とミッチーさん組と出会い。いろいろと情報をくれ、
それを元にミッチーさん組は上流を目指した。

我が家は師匠と合流してからその情報を聞いて、朝にルアーマンのために残しておいた区間を釣りあがることにしたが、
師匠は支流の様子を見てから後から合流するということになった。
ルアーマンのために残しておいた区間はポツポツ反応があって楽しめたが、爆釣というほどではなかった。
暫くして師匠が支流から降りてきたので支流の様子を聞くと、全然生命反応がなかったそうです。(笑)
師匠でそうなんだから自分たちでは全然ダメだっただろうからあの時の判断は間違ってなかった。

今日の釣行は主に嫁がマンツーマンで教わり、僕はそれを後ろから見ているというスタイルだった。
帰りの車で嫁はメチャクチャ勉強になったと言い、そして爆釣の夢を見た。
2012May12-2.jpg

今回、師匠は我が家2人に同行してくれたので、メチャクチャ勉強になった。
僕が直接教われたのは少しだったが、それでも嫁の教わっている様や師匠が単独で釣りあがっているところが
見れただけでも十分だった。
しかも嫁は師匠からフライを2個もゲットしていたので今後の参考にするしかないのであった。
でもあの浮力は見ただけで真似できるレベルで作られているとは思えないので次はその謎を質問するつもり。
そういえば僕の竿の振り方がちょっと変わっているというのも言われて初めて気が付いたことだった。
特に直す必要もないとの事なので自己流を伸ばすことにする。(笑)

上流を目指したミッチーさん組は満足のいく結果ではなかったようだが後で立派な魚の写真を見せてもらえた。
新弟子さんは残念ながら不発に終わったようだが惜しい場面もあったようなのでそのうちにリベンジを果たすことでしょう。
何にしても新弟子さんが釣れて我が家がBozeという最悪の事態を逃れることができたことには胸をなでおろした。
K師匠、ミッチーさん、ジミーさん、新弟子さん、楽しい一日をありがとうございました。

次は6月にもう一度師匠の中部遠征が企画されているのでぜひ参加したいと思う。



Home |  コメントアイコン Comment14  |  Trackback0

また来年

2011年9月30日(金)
小雨

2011年9月29日、21年間続いた長寿ドラマ「わたる世間は鬼ばかり」がグランドフィナーレを迎えた。
その次の日の今日は2011年シーズンに川で釣りができる最後の日なのだ。
どこに行こうか思案した挙句、帰国して最初に竿を出してアマゴを出した長良川水系の川に出かけた。

あいにくの雨だったが川には入れそうだったので入渓。
最初の数投で魚が飛び出すものらず、その後ポツポツ反応はあるけどなかなかとれず、
嫁と順に交代しながら遡上していく。

大場所、小場所、もしかしたら今日はこんなとこにいたりして、
目に付く所にフライを送り込んで浮かべて流して・・・。
流されて沈んで、引っかけて無くして・・・。(笑)
2011 9 30-4



あるイカニモナところで上手くフライを食ってくれる岩魚先生に出会えた。
え? アマゴの川のつもりでいたけど、岩魚先生?
2011 9 30-2

ま、釣れたから良いか。(笑) なかなか良いサイズだし。
新しい防水デジカメも無事に入魂できた。
2011 9 30-6
2011 9 30-7

2011 9 30-3



嫁もボウズ逃れの一匹を追加。
2011 9 30-1


2011年のシーズンは無事に2人してソッチガワで終了。
良かった良かった。

帰りの車のなかで、来年のシーズンは一人一日3匹以上を目標と決めた。



2011 9 30-5
最近発売になったガチャガチャの日本の渓流漁シリーズのニッコウイワナ。
一回¥300で高額だが、よく出来た満足のいく一品です。




Home |  コメントアイコン Comment14  |  Trackback0

告白

2011年9月17日

K師匠が出張で名古屋にいらしたのでアメアメ前にご挨拶。
Bさん、ミッチーさん、ジミーさんと我が家の6人でBozemann飲み会がとりおこなわれた。

いつものように釣りの話だけで盛り上がっている中で、内緒にしていた8月18日の開田高原釣行がバレてしまった。

しょうがないので、遅ればせながら釣行のレポートを書く。
_________________________________________________________________
2011年8月18日
前日に淡路島から帰宅して18日は開田高原に行った。
前回ミッチーさんと行った川に入り、"異常の無いこと"を確認してから別のポイントに行くと先行者がいたので断念。

Boze
_________________________________________________________________

因みに一昨日にジミーさんが"カイダコウゲン"にいって約束の地であることを確認したらしい。
その"カイダコウゲン"に僕も行ってみたいものです。(笑)

Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

106

Author:106
元ベルギー在住
現 中部地区在住
欧州で釣りがしたくてフライフィッシングを始める。
帰国後も懲りずにつづけています。
Bozemann:元ベルギー ブリュッセル支部
現 中部地区所属
(ニックネーム:106&106奥)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。