スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Comment  |  Trackback

かすりもせず

2011年5月14日
晴れ
偶に強い風

釣りをしない仲間からキャンプに誘われた。
場所は芦ノ湖キャンプ場。

皆はしなくても我が家は何もしないではいられないので道具を持って集合。
事前に調べた所によると釣れるとデカイ、OVのような場所のようだったので、装備はOVのと同じで望んだ。

当日は12時過ぎに到着してチェックインして、受付で遊漁券をかって、
それからテントを張って寝床の準備を整えてから
湖を見に行くと遊漁券を買おうとしているフライロッドを持ったご夫婦を発見し、
話を伺うと夕方になれば丘っ張りでチャンスがあるとのこと、
やる気になってテントに戻り準備を始めたが、さっき話しを伺ったご主人が持っていたのは
ダブハンのイカツイロッドだったのが気に掛かってた。

水際に立つとご主人がなぜダブハンを持っていたのかすぐに理解できた。
際までブッシュがあってバックが取れないのでスペイキャストのようなキャスト方法が主流になっているようだ。
事前のネット情報ではそこまで調べきれていなかった・・・。

それでもシングルハンドの#6しか持ってきていないので、それでやるしかない。
遠浅の湖に腰まで浸かればバックは何とか取れたのでOVを思い出しながらロングキャストを繰り返したけど
まったく反応無し。
ashinoko-1.jpg

足元に60cmぐらいのブラックバスや、それ以上の鯉、30cmぐらいの鮒がウヨウヨいるけどまったく見向きもされない。
5時になって貸ボートが帰っていく頃にはモジリやライズも始まって、どんどん気分は高まるけど、こっちのフライはまったく相手にしてくれない。

6時になって、キャンプ仲間との約束の時間になってやむなく納竿。
初の芦ノ湖は軽くBoze。

次の日の朝、昨晩呑み過ぎて朦朧として夢の中の僕をテントにおいて嫁は5時に起きて湖を見に行った。
そうすると岸際にモジリがたくさんあって、結構可能性がありそうに見えたんだけど、すぐに釣り人がわんさか押し寄せて
釣堀状態になったそう。

相当なプレッシャーではもっと考えないと釣れそうにないでやんす。
ashinoko-2.jpg

そのうちにリベンジしに行こう。
スポンサーサイト
Home |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

106

Author:106
元ベルギー在住
現 中部地区在住
欧州で釣りがしたくてフライフィッシングを始める。
帰国後も懲りずにつづけています。
Bozemann:元ベルギー ブリュッセル支部
現 中部地区所属
(ニックネーム:106&106奥)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。