スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Comment  |  Trackback

ジミーさんとの釣行 その2

2011年12月11日(日)
晴れ
気温:2℃

前回のジミーさんとの釣行の帰りに急遽企画された今回の舞台は須谷川。
じみーさん情報によると朝7時から開いていると言うので、

「じゃあ現地に7時集合にしましょう」

と軽いタッチで決めてしまったが、ちょっと後悔しながら朝5時過ぎの寒空の下に家を出た。


現地に着いて受付を済ませ、8時ぐらいに入渓。
受付のおじさんの話では

「ドライでは出ないことも無いけど、まぁ、昼ぐらいにならないとダメかもね」

とのこと。

それでもまずは吊り下がりパラシュートを結んでみる。
じみーさんと嫁と僕でポイントごとに交代しながら上がりだしてやっぱり朝の内はダメかなと思い
沈めるつもりでニンフを結びなおした矢先に数歩先頭にいた嫁がドライで引き出した。
須谷4
入渓して30分ぐらいのことだった。

これにペースを狂わされてやっぱりドライに結びなおして再スタート。(笑)

じみーさんと僕で先行しながら進み、ある大場に2人が捕まっていると少し前で嫁がまた引き出した。
須谷7

完全にペースを狂わされた男衆2人。
ほどなくして、じみーさんは待望のボーズ逃れの一匹をゲット。
須谷8

この状況に焦る僕。
須谷9

それを尻目に嫁が3匹目を上げる。僕の後ろで。
沈めての一匹だった。

やっぱりニンフだと反応があるみたいだけど、2人ともドライで出しているので僕としてはどうしても拘りたかった。
日も上がってきたので朝よりもポツポツ反応が出だしたが吸い込むようなアタリにタイミングが合わず、
ますます焦り始めたがこのチビちゃんに助けられた。
須谷11

そしてその後もまぁまぁのサイズをゲット。
須谷1
ちょっとヤマトチックな良い岩魚でした。

最終地点まで行き着いてから下りながらココはというポイントに打って行き、じみーさんと嫁は数を足していったけど
僕は結局2匹で終了した。

3時半、入渓ポイントまで戻ってきたところで納竿。
寒さについては真冬のOV仕様で望んだので途中暑いぐらいだった。
じみーさん朝から案内して頂いてありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

本当にこれで今年最後の釣り収め。
9月の末に釣り収めたはずなのに、それからアメアメや天竜川など結局色々行けました。

来年はどんな魚が待っているのか、楽しみです。




スポンサーサイト
Home |  コメントアイコン Comment7  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

106

Author:106
元ベルギー在住
現 中部地区在住
欧州で釣りがしたくてフライフィッシングを始める。
帰国後も懲りずにつづけています。
Bozemann:元ベルギー ブリュッセル支部
現 中部地区所属
(ニックネーム:106&106奥)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。