スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Comment  |  Trackback

EXPO Fly fair 2010

ベルギーのシャルロアでフライフェスタがあった。

先々週にパリのフライショップでRossのCLA3のスペアスプールを予約して、ここで待ち合わせしているので絶対に行かなくてはいけない。
スティーリーさんを誘っていく。
ほんの2時間ぐらい見て帰るつもりが思っていた以上に規模が大きい。
それにスゴイ人。
Charleroi-1.jpg


既に行く前からスペアスプールを購入する事が決まっているくせに、なんか別のわくわくするものがあるような期待が膨らむ。

そう思っていたら、スティーリーさんがサーモンピンクのスレッドが綺麗な"メードインイタリー"製のバンブーロッドにがっちりフッキング!

そんなことを思いながらも、自分はちょっと気になっていたオルビスのアンティーク"Battenkill 3/4"を買ってしまった。
スペアスプール付きだったのが気に入ったのだけど、いつか自分もバンブーロッドを手に入れたらこれにシルクラインを巻いて使おうと思って購入した。
シルクラインは早くからオイルで手入れをして育てた方がいいのはネットで勉強してわかっているつもりだけど、
それでも自分にはまだ早い気がして、暫くは憧れとして置いておきたい存在だ。
もちろんバンブーロッドも。
ネットで調べて勉強しているうちに自分で作りたくなってきた。
帰国したら計画したい。こういうのも今から楽しみ。
とにかくまずはリールだけ手に入れた。
Charleroi-2.jpg
自分は"Made in England"のロゴにやられました。
Charleroi-3.jpg

スペアスプールは本体と微妙に色が違う。
まぁ、これも前の持ち主が必要に応じて買い足したのかなぁ?とか思ってストーリーを感じる。
Charleroi-4.jpg


結局、会場には5時間ほど居た。

フェアの中でRabaisの管理のおじさんが自分を見つけて声を掛けてくれた。
「釣れている」という言葉にこれまたがっちりフッキングして、次の日は急遽管釣りへの釣行が決まった。
もちろんスティーリーさんも一緒。








スポンサーサイト
Home |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

106

Author:106
元ベルギー在住
現 中部地区在住
欧州で釣りがしたくてフライフィッシングを始める。
帰国後も懲りずにつづけています。
Bozemann:元ベルギー ブリュッセル支部
現 中部地区所属
(ニックネーム:106&106奥)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。