スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

ツール・ド・フランス

2010年7月21~24日
天気
21日:曇りのち雷雨
22日:雷雨のち晴れ
23日:晴れ時々雨
24日:晴れ

気温
21日:21℃
22日:17℃
23日:23℃
24日:24℃


21日がベルギーの祭日なのであと2日間有給休暇をいただいてピレネー国立公園へリベンジに出かけた。

結論から言うと、もう一度チャンスがあったとしても、もう行く事はないと思う。

前回も今回も釣行したピレネー国立公園の"Gave d'Aspe"や"Gave d'Ossau"という川は、フライ以外に
ルアーや餌釣りも同じ区間で許されているので魚影が薄いことが良くわかった。
前回の釣行では時期も早かったので他の釣り人とは会わなかったが、今回は15人ほどの釣り人を見た。
その内フライフィッシャーは3人で後は餌釣りだった。
C&R区間も短いので、魚が彼らに抜かれてしまっているのだと思う。

そして今回の最大の目的であるリベンジはというと、ギリギリクリアー。
2nd Pyrenee-15
川の神様に情けで釣らせてもらったような魚。


21日
現地について午後だけでも竿を出す。
2nd Pyrenee-11 2nd Pyrenee-13

入渓直前に出会ったフライフィシャーのおじさんがここはミッジだと教えてくれたので、#18のグリフィスナットを結んでいたらラインが手前の流れに引っ張られてクチャクチャになったので回収しようと思ったら魚がついていた。
"Gave d'Aspe"の本流にはブラウン以外にも遡上してきたシートラもいるらしいので、#5で望んだが
釣れたのはこの15cmにも満たない小さな魚。
引きとか何にもなし。(笑)

この川には"Le Tacon"というサーモンの一種もいて、これがそうかどうか色々調べたが、どう見ても虹だった。
"Le Tacon"の特徴は
・胸鰭が長い
・口が目の後ろまでいっていない
・赤と青紫の点々がある
・春先は降海する前に銀化する
・尾びれの真ん中が切れ込んでいる。
・降海して2~3年して50cm~1mになって戻る

天女魚に良く似た魚がサツキマスのようになって帰ってくるらしい。
2nd Pyrenee-31
2nd Pyrenee-17 2nd Pyrenee-16
このあと雨が降り出したので納竿。

22日
この日は泊まっていたホテルの前の道があの"Le Tour de France"のコースになっていたため、朝10時から14時まで通行止めになった。
10時までに帰ってくるつもりで朝起きたら雷雨だったのでそのまま2度寝。
8時ごろ起きて町の人と一緒にレースを観戦。
この頃には雨も止んでいた。
2nd Pyrenee-1
レース前にスポンサーがノベルティーを配りに来て、
2nd Pyrenee-22nd Pyrenee-3

2nd Pyrenee-32
これらが戦利品。

その後、一時部屋に戻ってTVでレースを観戦し、先頭集団が隣町に来たタイミングで前の道に出ると
暫くして
コンタドールや
2nd pyrenee-27
その他大勢
2nd Pyrenee-28
そして、日本の新城選手も自分たちに気付いて笑顔で通り過ぎていった。
2nd Pyrenee-30

さっきまでTVで見ていたレースが目の前を通り過ぎていくのが不思議だった。(笑)


14時になって川に向かうと信じられない光景が広がっていた。(笑)

2nd Pyrenee-19


この日はどこにいってもコーヒー牛乳どころかココアのような水ばかりなので止水ならいいだろうと
半ば管釣りのような場所を探し当てるも結局ここも同じだった。
ここでは5cmぐらいのがフライにちょっかいをだしてくるだけでフッキングはなし。
2nd Pyrenee-20
諦めて納竿。

23日
1日目のポイントを見にいくとまだ水量が多くて入れない。
2nd Pyrenee-24
だめもとで前回入渓した支流に向かうとやはりここぐらいしか竿をだせる川が無いからなのか
目ぼしいポイントはことごとく車が止まっている。
昨日から50cmは水量が引いているのでなんとか竿は出せそう。
2nd Pyrenee-5

空いているポイントを求めてとにかくどんどん上流を目指して行くと物凄く上流まで来てしまった。
2nd Pyrenee-4 2nd Pyrenee-6
ここまで来ると流れも激しくないので竿を出すが、全く釣れない。
釣り下がりながら50mほど行くとかなり落差のある滝に行き着いて危険なので引き返す。
良く見ると"大きな野生生物がいます!"という看板が立っている場所だった。(笑)
クマ、 ですか?
帰り道、綺麗な場所を発見して再度入渓。
ライズがあるので頑張ったが無視される。
フライラインが水面に落ちる時の波紋で脅かしてしまっているようだった。
そう思ってティペットを長くしてもやっぱり無視された。

疲れたので納竿。

24日
この日はブリュッセルに帰る日。
飛行機が午後なので朝だけ竿を出す。

雨で増えた水量が2日経ってやや流れも落ち着いたいい感じの条件。
2nd Pyrenee-7
それでも全く釣れない。
魚はたまにライズしたりしているのでいるみたいなのにダメなものはダメ。
引き出しを全部出しても釣れないので場所をかえることに。

最初の日に行った場所がギリギリは入れるぐらいになっていたのでもう一度トライする。
2nd Pyrenee-26 2nd Pyrenee-10
妻のフライにチビが一回出ただけで乗らず。

完全に心が折れて納竿。

今回の旅で一番楽しかったのはツール・ド・フランスの観戦だった。
あと、宿の料理は家庭的ですごくおいしいのに救われた。

ピレネーよりも近くの川のほうがよっぽど釣れます。(笑)







スポンサーサイト
Home |  Category:仏国 釣行記 |  コメントアイコン Comment10  |  Trackback0

リセット

2010年7月17日
晴れ時々雨
朝:16℃
昼:20℃ぐらい
風:強風


最近は、ベルギーやドイツの渓のおかげでいい思いが続いていたので、そのノリでOVに釣行。


暗いうちから始めたかったが寝過ごして現地に付い手始めたのは6時過ぎ。
2010 7 17 OV-1
最初はこれぐらいのそよ風だったが、

2010 7 17 OV-2
8時をすぎると雨風が強くなってきた。


今日のもう一つのイベント。
コムさんのブログにコメントを書いた事がきっかけで、自分に連絡をくれたデュッセルドルフ在住の
RMさんと合流するべくOV郊外のShellで待ち合わせをしていたのだった。

ところがRMさんが携帯を忘れて駐車場のベルギーナンバーの車を頼りに浜まで歩いてきてくれたので
Shellまでいかなくても合流できた。
それから一緒にライセンスを購入するために釣具屋に移動。
このあたりから雨がひどくなりマリオンでお茶をしながら止むのを待つ。

11時頃に雨も風も止んだので3人で南へ入る。妻とRMさんは消波提に付き、自分は南部フラットに立ちこむ。
ところがどんどん風が強くなってきて波がひどくなり、危なくなってきた。
その時、仙人岬に向けて放置していたシンキングライン+金魚が「ググッ」っと引き込まれた。
あっとおもって竿をたてるとすぐに軽くなったので藻に引っかかったのかとおもったけど先にあるはずの
金魚がない。またまたラインが結び目で切れていた。

結び方が悪いのか?こんどから1Xにしようかな・・・。

それから
いよいよ波が激しくなってきたので上陸。
2010 7 17 OV-3
この風の中、M丘で男らしくキャストを続ける妻とその奥に見えるのがRMさん。

11頃からいよいよ風が強くなったので昼飯をかねて一時避難。
ここで悪巧みさんと合流してRMさんを紹介。

昼食後、せっかく来たのでもう一度始めるRMさん。
自分も消波提の上で先生メソッド+昼寝で頑張って(?)みたがかすりもせず。
4時半で納竿。



調子に乗ってもダメなものはダメとばかりに軽く返り討ちにあった土曜日だった。
Home |  Category:蘭国 釣行記 |  コメントアイコン Comment8  |  Trackback0

ロケットエンピツ

2010年7月10日
快晴
32℃


この日はオランダ支部の新星ジャージ氏とワルシェへ釣行。

氏はまだドイツのライセンスを持っていないので、
土曜日でも郵便局でライセンスが買えるベルギーの渓へ。

フライフィッシングのスターターセットを持参した氏の渓流経験は今日が初めてといっても過言ではなく、
スティーリーさんが帰国され、我が家がベルギー、ブリュッセル支部の代表(というか2人だけ)になってしまった途端に
教わる側から教える側になってしまった。(笑)

まだまだ人に教えるような立場ではないので、心中を覚悟してまずはキャスティングの練習から始めた。
駐車場から暫く歩いた流れ込みのすぐ上のプールから入渓。
ところが4週前までは綺麗だったこの渓が、浅い所でギリギリ底石が見えるほどの濁りになっている。
プールに入ると足から20センチほどの泥が底にたまっている感触が伝わってきて早速不測の事態。
上流のダムが放水したか何かで泥まで一緒に流れて出てしまったのかもしれない。

今日は無理かも知れないといいながら、早速ティペットのトラブルに見舞われたジャージ氏の横で
吊り下がりタイプの#14をプールに浮かべて放っておくと、なんと出た。
2010_7_10 warche-2 2010_7_10 warche-3

この季節の魚は釣り人に優しい。
以外にも早々にBoze回避。
同じフライをプレゼントしてジャージ氏も最初の一匹を目指すが、ラインの扱いに戸惑ってなかなか
思う場所にフライを落とせない。
そして竿先に絡まったラインをほどいていた時、奇跡が起きた。
自分とジャージ氏は2メートルほどの距離を置いて立ちこんでいたが、その間に浮かんでいたフライに
魚が出た。(笑)
泥濁りすぎて、魚から人が見えなかったようだった。
かくしてジャージ氏の最初の一匹は"釣れてしまった。"
2010_7_10 warche-1


しかし後、ラインの扱いにも慣れてきた頃にちゃんとポイントに落としてしっかりと釣っていたから流石だ。

この日の魚の付き場は石の後ろではなく、石の上流側に付いている様で、フライが流れに飲まれる寸前まで
我慢していると反応があった。
前回に爆釣した#12 CDCカディスは今回あまり活躍せず、出てもフッキングしないことや、
反応が良かった吊り下がりタイプの#14も出てからフッキングしたと思って手繰り寄せてくる間にばれる事が
かなりあった。それでも妻も自分もまぁまぁ満足できるだけは釣れたと思う。
 2010_7_10 warche-5 2010_7_10 warche-7


結局ジャージ氏も見ているだけで4匹は釣り上げていたので楽しめたようで何よりだった。

2010_7_10 warche-4

Home |  Category:白国 釣行記 |  コメントアイコン Comment7  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

106

Author:106
元ベルギー在住
現 中部地区在住
欧州で釣りがしたくてフライフィッシングを始める。
帰国後も懲りずにつづけています。
Bozemann:元ベルギー ブリュッセル支部
現 中部地区所属
(ニックネーム:106&106奥)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。