スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

自然と共に

2010年9月18日~21日

18日 Liver runs through it in Slovenia (rapidly)
2010 Sep slovenia-25JPG
数日前からの長雨で洪水のスロベニアに到着。
この日、首都Ljubljanaの一部は洪水で床上浸水したそうな。
着いていきなり今回は竿は出せないと腹をくくる。

宿のオバちゃんは2日経てば川の水は引くといい、そのときにはBacaかTrebuscaなら大丈夫だろうと言っていた。
天気が天気なので同じ宿には我が家のほかにフランスから来たという釣り人2人の1組だけ。
彼らが言うには明日はLjubljanaへ観光に行くという。

2日目の19日,
雨はやんだけどSoca川は暴力的な流れ。
2010 Sep slovenia-3

もうどうしようもないのでこの日は情報収集に徹する事にした。
雨のSoca水系の釣行ということで、コムさんのブログが非常に参考になった。
Baca川、Nadiza川、Kneza川の水量を確かめた結果、Nadizaが一番マシっぽいがそれでも川に入るのは自殺行為なほど。

時間も有り余っているのでSava川も見にいったらスゴイことになっていた。多分1mぐらいの増水。
2010 Sep slovenia-bohiji-1
因みに普段はこんな感じ、↓
2010_8_7 slovenia-1
しょうがないのでBohiji湖へ行ってみたらここの水は澄んでいる。
2010 Sep slovenia-bohiji-4

モジリもあるのでホテルでライセンスを買って岸から竿を出す事にしたら
そこそこ釣れた。
2010 Sep slovenia-bohiji-6 2010 Sep slovenia-bohiji-5

奇しくもスロベニアでの初ブラウンはBohiji湖で釣れた。

Socaの宿までは1時間半はかかるので、6時半で納竿。
宿ではフランスのおじさんたちが既に夕食の最中で、聞くとLjubljanaへ行く途中の道が洪水で交通規制が入っていたといっていた。
本当に物凄い雨だったようだ。





20日、前の日に確かめておいたNadizaへ行くと何とか入渓出来そうな状態だったのでダメ元で竿を出す。
出して30分ぐらいして妻に魚が掛かった。上げて見るとなんと待望の信性マルモラータだった。
2010 Sep slovenia-17
この川はイタリアからスロベニアへ流れ込んでいる川で、Soca水系とは違うのにマルモちゃんがいた事に驚いた。
それにしてもSocaエリアでの妻にとって最初の魚がマルモラータとは・・・。

それから、杖がないと渡れないほどの水量を何とか渡りきってからある溜りのポイントに#14 釣り下がり式のパラシュート黒を落とすと、思ったとおり魚が下から上がってきてランディングするとまたもやマルモちゃん。
今度は赤点があるタイプ。
2010 Sep slovenia-8

午前中はそれぞれ一匹ずつ追加して終了。
午後、Trebuscaの様子を見にいくと依然水量が多いし、入れそうなところには大体車が停めてある。
もう一度Nadizaへ戻り、橋の下から釣り下る事にした。
2010 Sep slovenia-9

17:00ぐらいになると川の反対側の流れで時々ライズがある。
それをめがけて遠投したら数投目でフッキング。
ヘッドシェイクをかわし、ジャンプもいなして近くに寄せてくるが泣き尺ほどの魚でも流れが速いので重く感じる。
すぐ前の流れで魚が定位したので竿にテンションをかけつつ相手の出方をうかがっていると、
「!」
突然テンションが無くなって、最近マイブームのラインブレイクかと思ったらただのフックオフだった。
かかりが悪かったのか・・・、でもしょうがない。
気を取り直して少し下流を攻めるとまた同じようなサイズのが乗った。
今度は逃すまいと、さっきよりも慎重にやり取りして、同じように定位されたところでやっぱり突然のフックオフ。
悔しくて絶対もう一匹出す!とおもっていたら本当に出てくれてそれはようやく取り込むことが出来た。
2010 Sep slovenia-19JPG
白っぽい虹だった。

その後、妻も同じようなサイズをかけたけど、これはヘッドシェイクでラインブレイクしてしまった。
暗くなってきたのでこの日は納竿。

宿に戻ったら別のフランスオヤジ2人組も加わっていて、フランスオヤジ組が2組になっていた。
昨日からいる組はTrebscaでマルモちゃん2匹とブラウンを上げたらしい。
今日からいる組はボウズだった。

ウチの釣果を聞かれたけど、ごまかした。
だって、あと明日1日しかないのにおじさん達と同じ川はこまるので。
ごめんなさい、おじさん達。本当はウチはおじさん達より釣れてました。(笑)

最終日、やっぱり同じNadizaへ
昨日よりも更に水が減っていい感じになっている。
これからもっと釣りやすくなりそうだけど、こればかりは自然の都合にこっちが合わせるしかない。
入渓してすぐに昨日の午後と同じサイズのが上がる。
2010 Sep slovenia-11

昼になってもボーズの妻は焦っていたが、いつの間にか釣れていたというグレーリングに救われる。
2010 Sep slovenia-20JPG
この後、僕もグレーリングを上げる。

妻は釣った気がしないと言っていたら
2010 Sep slovenia-21JPG
そのあと、速い流れから丸々としたヤツを引ずり出した。
それからすぐにこれも、
2010 Sep slovenia-22JPG

あとこんなのも釣ったり、洪水のスロベニアでも十分釣りが出来た。
2010 Sep slovenia-18

この日もフッキングしてからヘッドシェイクやジャンプをかわしてその後定位し突然フックオフ、という事が2回もあった。
魚の口が堅いのか、フッキングの角度が悪いのか?
だけどそれまでしっかりとフッキングしている手ごたえはあったんだけどな・・・。
これだけは解せない。


到着した日は諦めていた釣りも最終日には晴天になって、欧州での渓流はこれにて納竿。
2010 Sep slovenia-12
2010 Sep slovenia-15

いい思い出が出来た。
この釣行に当たってはドイツFJMTさん、プラハ釣輝さん、コムさん(ブログ)、悪巧みさん、に色々と情報をいただけた。
本当に役に立ちました。
ありがとうございました。

さて、あとはOVでデカマスを何とかしないと。




スポンサーサイト
Home |  Category:スロベニア釣行 |  コメントアイコン Comment10  |  Trackback0

今のうちに・・・。

Renzetti.jpg

Renzetti presentation 3000

いつかはほしいとか思っていたがいつの間にか製造中止だそうで、悠長な事を言ってられなくなった。
アメリカのディーラーでも在庫が無く、見つけたら買っておいたほうがいいとのこと。
急ぎWebで調べたらUKのショップに在庫が2個あったので即ポチッた。
そしたら2週間で届いた。

スレッドにテンションをかけてもフックがお辞儀しないのは安心です。(笑)

Home |  Category:道具に思う事 |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0

寸止め

2010年9月11日
晴れ
18℃
風25M


最近、寝坊気味だったが気合を入れて暗いうちに到着。
今日はなんだか釣れる気がする。
明るくなりだしてすぐ、ウロコが釣れる。
2010 9 11 OV-1

今日は魚にやる気があると思っている矢先、放置したフライにモワっと水面が動き、と同時にラインが走る。
横に走って一度ジャンプ。見た目でこの間のより大きいのが分かる。
魚が走り出すのでラインを開放してバスケットの中のラインを送り出す。
少し先で魚がジャンプする。



手元を見ると







↓こうなってました。(再現写真)
2010 9 11 OV-3

当然





↓こうなりました。(泣)
2010 9 11 OV-2





この日は魚の活性は高いけど、乗るほどまでは行かない寸止め状態が何度も続き・・・。
フライに出た回数だけでいうと2人分を合わせると余裕で10回以上だった。
日が傾きかけた頃にキントトにもう一度当りがあり、ラインが走る。でもすぐ軽くなる。
あれ?っと思ったら、フックにラインがかかってフライが反対になっていた。
そら釣れませんわ。


そして極めつけ、日も沈みかけた頃、嫁の竿が竿先からガイド3つ分のところで折れた。
嫁曰く、気が付いたら竿の先に枝が引っかかってると思ったらそれが折れた竿の先だったそうな。

今日はラインブレイク有り、ロッドブレイク有りの日。
嫁と自分の竿を交換して負けじと先の無くなったロッドでキャストを繰り返す。
魚はいるけど相手にされず、半ばいじけた格好で納竿。

それにしても先が無くてもラインって意外と飛ぶんですね。
ラインキャストはバット部で、魚が釣れたらティップでいなす。
その内に作るであろう竿のコンセプトにチョットだけ役立ったアクシデントだった。

それにしてもロッドブレイクはイタイ・・・。




Home |  Category:蘭国 釣行記 |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0

よそ見

2010年9月5日
朝10.5℃
昼18℃
微風


2010 9 5 OV-1

いつものように寝坊して7時ごろから竿を出す。
場所はいつものように北東DPでいつものように桟橋のあたりから様子を見る。
嫁は左の消波提に上がって海峡を狙っている。

先週の西の風と違って今日は東の風なので西の方の雲の形が違うなぁ・・・と
ぼーっと空を見てフライの方に目を向けたとき、フライが視界に入るかは否かぐらいのところで
フライの付近で大きなモジリ。というか水しぶき。
フライがどこにあるのか分からず、なすすべ無し。

10分ぐらい様子を見るがとき既に遅し、で、諦めて消波提に上がって今日は湖側に向かって投げる。
嫁が消波提の先端から戻りつつ両側を狙う作戦に切り替えたと言って、最先端まで歩いていった。
その後姿を見ていたら消波提の際で軽いモジリ。
即座にフライをセットするも沈黙。

諦めて落ち込みのすぐ上ぐらいにフライをセットして待つ。
なにやらDPの辺りが騒がしい。人が沢山いるな・・・っと思ってフライの方に目を戻すか戻らないか
ぐらいでまた大きなモジリ。またまたフライの位置が分からずフリーズ。
ラインが走らないので乗らなかったと分かり、今度は腰を据えてフライをセットして待つ。
暫くしてフライの寸前で見切られて潜った時におこる水柱が上がる。
それにしても今日は石化けの術が効いていない様子。

気を取り直しシステムをトレーラーにして岸際にセットして待つ。
左から右の流れのためにラインが岸際に打ち寄せられそうになる。
嫁が徐々に近づいてきている気配を感じて振り返るとまだまだ離れた場所に居るので
打ち寄せられたラインを戻しつつ流れの先に打ち返そうとしながらフライを見ると
今まさに魚がトレーラーの下の方に襲い掛からんと欲す所・・・。
!!!!!!!っとストップストップ!!!!!としてみた所でチャンスをくれるわけも無く、
湖底に消えていった。

落ち込みから手前の浅い場所だったので、まるでアザラシを浜で狩るシャチのようだった。


そして疲れたので納竿。

ホンマよそ見はアカン・・・。


帰りがけにすれ誓ったローカルが、後で見たら座り込んでいた。
2010 9 5 OV-2


DPの人が騒がしかったのは何かの撮影をしていた模様。
レストランからみるとモデルさんが桟橋に寝転んでました。
2010 9 5 OV-3


Home |  Category:蘭国 釣行記 |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

106

Author:106
元ベルギー在住
現 中部地区在住
欧州で釣りがしたくてフライフィッシングを始める。
帰国後も懲りずにつづけています。
Bozemann:元ベルギー ブリュッセル支部
現 中部地区所属
(ニックネーム:106&106奥)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。