スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

2011年 正月

オランダでの年越しは初めてだったので、ちょっと驚いた。
1月1日にはブリュッセルに戻らないといけなかったので、朝だけ竿を出して昼にはOVを発つつもりで
大晦日は早く床についていたのだが、年明けと同時にそこら中で花火を打ち上げ始め、驚くことに
それは1時間以上続き、(笑) 終いには硝煙が部屋の中に入ってきて寝ながらむせた。

しかもその俄か花火師達は微妙に移動しているらしく、うち1つがホテルの窓にぶち当たったので流石に目が覚めた。
起きて外を見たら10人ぐらいが輪になってペダルを漕ぎながらビールを飲むカウンター型自転車が通っていった。
いつかテレビで見たやつだったけど、そういうのはもっと都会にいるもんだと思っていた。

花火も尽きたみたいなのでこちらも寝た。
そして5時に起きて6時30に宿を出発。
北西ダイブに向かう。
2010年の正月は晴れていて綺麗な初日の出が拝めたが、今年は曇っている。曇っているだけじゃなく霞んでる。
ちょっと霧雨も降っている。
OV 2011_1_1

まずは左の消破堤に上がり、桟橋のすぐ横から沖に向かって投げる。
ちょっとづつ移動して先端まで行ききったのでまた戻って最初からやりなおし。

今日ででOVともお別れかぁ、としみじみしているとラインがスーッと沖に向かって持っていかれた。
これが最後のチャンスだと思い、大事にあわせてしっかりと乗せることができた。
でも魚は左の桟橋の向こうに向かって走り、反対側まで移動してしまった。
夢中でラインを手で出しながら消破堤の先端までダッシュ、なんとか桟橋の反対側の魚とラインが一直線にすることができた。
OV 2011_1_1-2

ここでバラしたら帰るに帰れないとおもい、とにかく慎重に慎重に寄せたどのぐらいの時間か分からないけど
なんとか取りこむことができた。
OV 2011_1_1-3
OV 2011_1_1-4

真っ黒な虹、62cm

魚とやり取りしている最中に背後に気配を感じて振り向くとジャージ氏が立っていた。
彼が来ると僕に魚が釣れるかのようだった。(笑)
ちょうど良いのでまたニコパチをお願いした。
OV 2011_1_1-5

ジャージさんありがとうございました。


2011年 正月。
良い年明けになった。


「正月早々運を使い切ったね。」
電話の向こうで嫁が言い放った。




スポンサーサイト
Home |  Category:蘭国 釣行記 |  コメントアイコン Comment12  |  Trackback0

2010年 年末

2010年12月24日
北東の風(強風)
気温:-1℃

欧州での業務は既に21日で終了している。
22日に引越し荷物の第二便を出し、23日にハウスクリーニング。
クリスマスイブのこの日は朝からアパートのダメージチェックを終え、そのまま荷物一式を車に詰め込んでE19を北に向かう。

これからマリオンB&Bで年越しまで滞在。
もちろん毎日釣り三昧なのだ。
昼過ぎに現地に到着。
ブリュッセルでは23日未明から降り続いた雪で大パニックになっていたがここはそれほどでもない。
悪巧みさんと待ち合わせて早速北東に入る。
風が強く体感温度はかなり低く感じるが、そんなこといつものことなので負けていられない。
でも結局ボウズ。
クリスマスイブに悪巧みさんと北東のレストランで2人で食事してから帰った。(笑)
OV2010_12_24.jpg


25日
南の風(微風)
気温0℃

朝ゆっくり起きてから南に向かう。
OV2010_12_25.jpg

浜は真っ白で去年の正月を思い出しながら消破堤の内側をWF6-4で底を狙う。
フライは以前に良い思いをした悪浜。
始めて3投目にググッとした魚信が!久しぶりだったので咄嗟に合わせを入れてしまい、
たまらず体をひねった魚の腹を拝めただけでそのまま手元はスっと軽くなってしまった。
やはり食いが渋かったのか充分にフッキングしていなかったようだ。
ボウズで終了。

この日の夜宿の部屋で真っ黒なマグナスパターンを3つ巻く。
OV2010_12_25-2.jpg


26日
北西の風(微風)
気温4℃

この日もちょっと遅めに出かけて北西に向かう。
前の日に巻いた黒マグを桟橋の左消破堤の先で沖に向かって放置。
微風だけどやや緩やかな流れでラインが流されるので回収してはキャストして放置、を繰り返す。
するとスーっとラインが流れとは別の向きに吸い込まれていくので暫くそのまま泳がせた、
ラインが張ったところで合わせを入れるとしっかり乗った。
今までラインブレイクで悔しい思いをしていたので慎重に取り込んで上がったのは51cmの虹。
OV2010_12_26.jpg
うー良かった。これでこの釣行でのボウズは回避できた。
魚とやり取りしている最中にジャージ氏が到着したのでニコパチを撮ってもらう。
この日はこれで終了。

27日
気温1℃
無風、時々南西の風(微風)

北東と北西に入るも異常なし。
ボウズ。
出会ったローカルは2匹釣ったと言っていた。



28日
南東の風
0℃

連日の釣行がしんどいので朝ゆっくりと寝る。
昼前に起きてフライを2つ巻き足す。
このフライをマリオン416と名づける。
午後、これを持って南に入るも結局ボウズ。
入る前にすれ違った4人のローカルに叩かれまくったあとのよう。
OV2010_12_28.jpg



29日
南東の風
気温1~2.5℃

朝8時に北西に入る。
既にローカル2人が入っている。
右側の消破堤と岸との海峡に立つ。
入ってすぐに目の前でモジリがあり、すかさずそこを狙ってキャストする。
沈黙。
再び別の場所でモジリ。
追いかけるようにキャスト。
沈黙。
静かにリトリーブして、自分から1.5Mほどの足元まで来たのでフライをスッと水から抜くと
それを追いかけて魚が目の前でジャンプアタック。

この日、北西ダイブポイントに着たローカルは8人。
自分が帰るときにはあと2人とすれ違うほど大盛況だった。
OV2010_12_29.jpg
ボウズで終了。

帰りに近くの釣具屋へ寄ってシンクレート7のWF-6を購入。
ずっと気になっていたシンクレート4では沈み方が遅く、手返しが遅かった。
このタイミングでこの出費はかなり厳しいが、そうそう来れる場所ではないことを考えると
今買わなくていつ買うのかと自分に都合の良い解釈をして購入。



30日
無風
気温3.5℃

朝7:00から北西に入るが異常なし。
一旦ホテルの部屋に戻ってから再び10:30に再開。
南にいくと準備をしているローカルがいたので話をすると毎年この時期には良く釣れると教えてくれた。
特に今日のように暖かい日はチャンスがあるというので思いつく全ての場所へ入った。
でも全く異常なし。
ボウズ。



31日
早朝、ホテルの下の部屋からの大音量ラジオで起こされる。
降りていって夜勤明けというポーランド人に文句を言ってから
ついでに釣りに出ようかと思ったけど、連日の釣行にもかかわらず、
26日に釣れて以来ずっとボウズで、心も体もかなり疲れていたので大晦日ぐらいはお休みすることにした。

2010年はこれにて終了。
欧州での釣行は2011年1月1日の釣行を残すのみとなった。










Home |  Category:蘭国 釣行記 |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0

帰国

2011年1月3日

日本国へ帰国。


何でもサクサクコトが運ぶイメージはどこえやら、
光ケーブルを引いてくるだけに3週間を費やした。
といっても本当は1月16日に工事業者が来てくれるはずだったが予定外の大雪により予定は延期。
そして本日1月26日にようやく我が家にもネット環境がやってきた。

実は携帯電話をi-Phoneにしたのでネット環境という意味では既に存在していたのだが、
画面がちっちゃくてブログを更新する気には全くなれなかったのと、我が家PCに入っている
i-Tunesが既に持っていta
i-podとペアリングしていたため、i-phoneがPCとシンクロできなくて
写真をアップできないというのが決定的な理由だった。

これから去年の年末からの釣行記をアップしなければ・・・。
でも今日はもう遅いので寝ます。
おやすみなさい。



Home |  Category:報告 |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

106

Author:106
元ベルギー在住
現 中部地区在住
欧州で釣りがしたくてフライフィッシングを始める。
帰国後も懲りずにつづけています。
Bozemann:元ベルギー ブリュッセル支部
現 中部地区所属
(ニックネーム:106&106奥)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。