スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

そしてまたラベ村

20日の夜に出張で訪欧されていたチャミーさんとオランダ、ロッテの悪巧みさんも加えて新旧Bozemannブリュッセル支部の忘年会を開催。
熱い釣りトークが繰り広げられました。
あらためてわたくし、まだまだ若輩者です。

そして22日は支部長のスティーリーさんも加えて再びラベ村へ釣行。
3週連続なので管理人のおじさんや先週からおなじみの爆釣オヤジも「また来たか」という雰囲気。
車で準備をしていると管理人がきたので話を聞く。
人が多いというと、ベルギーの主要な都市のひとつであるNamurのフィッシングクラブが来ているからだそうだ。
でも彼らは今から昼食をとるから2時間は大丈夫だよという。


気温は10℃。
思ったよりも寒くないが風が強くキャストしにくい。

爆釣オヤジもいて先週から同じ遊泳禁止看板ポイントに陣取っている。
その左隣に妻と私が二人でキャストをはじめる。
スティーリーさんはその看板の向こう側ではじめた。

まずはその爆釣オヤジから先週にもらった黒キオちゃん(#22)を結んでみる。
妻は昨晩巻いた白キオちゃん(#18)を結んでいる。暫くしてその妻のキオちゃんに当たりがあった。
やっぱり白かとくじけそうになるが、結んだばかりでフライ変更は面倒なのもあってそのまま続行。

そうこうしていると風がちょっと弱くなった隙にちょっと上手くキャストできた。
いい感じだなぁとひたっていると、グイっと引き込まれた。
なかなかの引きだったのはいい顔つきのオスの虹鱒。
2009_Nov_22 Lac de Rabais-1

こうやって遠投できると良い型が出せるということがだんだん分かってきた。

気が付くとスティーリーさんがラインブレイクしているのが見えた。
とはいえ、はじめてきた所でちゃんと魚をだましているのは流石である。

釣り始めて2時間ほど経った。
あたりも止んだ。
そんな中、遠くでスティーリーさんが立て続けに2本上げている。
聞くと日本の湖のメソッドだそうで、これまた引き出しの多さがちゃんと結果に出ている。

話をしているとNamurのクラブの人たちが戻ってきて、一気に人口密度が高まる。
2009_Nov_22 Lac de Rabais-3

同時にプレッシャーも高まって全く釣れなくなった。
2時間経ったが生命反応がゼロ。
隣の爆釣オヤジも釣れていない。

普段、周りが釣れていて自分たちだけ釣れないのも切なくなるが、
そんな人たちが釣れていない状況だと尚更自分たちに釣れるはずないと切なくなる事が分かった。

そんな中、まれに竿を曲げるのはやっぱりインタミで底を狙っている人たち。
でも自分は低番手のインタミを持ってないのでフローティングラインで何とかするしかない。
#14のウェイティッドニンフ(ドイツの釣り雑誌に巻き方が載っていたモノ)と極小#30のフローティングピューパをトレーラーにしてゆっくり引っ張っていると待望の2匹目。
2009_Nov_22 Lac de Rabais-2
この渋い中に釣れたことが、小さくても最初の良型と同じぐらい嬉しい。

結局今日はこれで終了。

帰り際、爆釣オヤジが今日はシブかったと言っていた。
ここから近いLibinという場所にもっと初心者でも釣りやすい場所があると教えてくれたけど、
来週は用事があるし、その次はOV解禁なので行けたとしても来年かな。




スポンサーサイト
Home |  Category:白国 釣行記 |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

お疲れ様でした。
結構渋かったのでしょうが、気軽さが良かったですね。
トレーニングには良いと思いますので、また機会があったら是非行きましょう。

スティーリーさん

そうですね。
あの気軽さがストレス解消にはもってこいですね。
釣れないと逆にストレスがたまりますが(笑)

ここは遠投の練習にもなりますのでまた行きたいですね。
そのときはよろしくお願いします。

再解禁に向けて

精力的に出撃されてますね~
管釣りと言えども、人口密度の高さにもまれたスレッからしを相手に確実に釣果を積み重ねておられるご様子、着実に引き出しが増えてますね。

あるチュウさん

やった事をちゃんと覚えていれば引き出しも増えるのでしょうが、釣っているときは無我夢中で気が付いたら
どんな事をしたのか覚えていないんですよね。(笑)

もっと冷静にならないとダメですね。

No Title

いいですねー、もう一か月近く釣りしてない、、

悪巧みさん

OVの解禁が待ち遠しいですね。

Home   Top
 
プロフィール

106

Author:106
元ベルギー在住
現 中部地区在住
欧州で釣りがしたくてフライフィッシングを始める。
帰国後も懲りずにつづけています。
Bozemann:元ベルギー ブリュッセル支部
現 中部地区所属
(ニックネーム:106&106奥)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。