スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

楽しく。豊かに。

先週の日曜日はその前の週に行ったフランスの渓に行くつもりだった。
それがダメになったのはアイスランドの火山が噴火した事で欧州の空港の殆どが閉港してしまい、
出張先のイタリアから帰ってこれなくなったため。

結局、車でアルプスを越えて陸路1500kmを自走して帰った。
唯一開港していたローマ空港まで人を送る必要があったので図らずもローマ→ブリュッセル間を走ることになった。
途中のアルプスを流れる綺麗な渓流が目に入るたびに何で自分は竿も持たずにこんな所にいるのか?悲しくなった。
が、持って行ってたとしてもライセンスとか何も持っていないのでもっと悲しい思いをしたに違いない。(笑)


2010_4_24 Monschau-3


2010年4月24日
晴れ


そんな背景のなか、スティーリーさんに案内していただけるというので今週はMonschauへの釣行となった。
この渓は話にはよく聞いていたが観光でいったのとドイツのライセンスをもらいに行ったのとの2回だけで、
入渓の経験は無い。
スティーリーさんの話によると釣り人に優しく、癒しの渓だとか。
現地に向かう車中でもその話になって、自分の#4の9ftに入魂できていない事について
「3投もすれば入魂できますよ。」
との事。
「またまたぁ、そんなことを言うと釣れるものも釣れなくなりますよ。(笑)」
とか言ったりしていたが、ほんとに3投目で釣れた。

2010_4_24 Monschau-1
結んでいたのは#14の黒のパラシュート。

その後すぐに妻もスティーリーさんも立て続けに釣り上げる。
暫く、わぁわぁきゃぁきゃぁ釣りあがった。
楽しい。実に楽しい。
こういうときのフライフィッシングは本当に簡単に感じる。
フライを流せば反応がある。
黒でも白でもグレーでも反応があったけど黄色だけ反応は無かった。
途中で渋い区間になって、こういうときは魚はいるけどドライに反応していないだけなのかどうか
試すつもりでニンフにしてみたら、1投目からインジケーターが水中に引き込まれた。
残念ながらこれは乗らず。ドライにでなくてニンフには出ることがわかったので、すぐにドライに戻す。
今日はドライの日なのだ。

2010_4_24 Monschau-2

最初、川の中ほどでも端でもどの流れにも魚がいるようだったが、渋くなると川の端のギリギリを岩に沿って
流れている所でしか反応しなくなった。
そうなると向こう岸にかぶさっている枝にフライを献上する回数が増えて魚からフライを外すよりも
枝から外す事の方が増えた。
それでも十分楽しくすごす。

気が付いたらこの豊かな時間は8時半に達していた。
急いで帰り支度をしてE40の入り口前のマクドで夕飯をすませて家路に着いた。



今回困ったのは、フライは浮いていてもリーダーが沈んでしまって、次にキャストしようとしても
沈んだリーダーに引っ張られてフライが一度水の中を通ってしまうこと。

スティーリーさんに振らしてもらったバンブーにはシルクライン+シルクリーダーが付いていて、これは
沈まずにいい感じだった。
ググってみたら、シルクリーダーというかファールドリーダーならシルクのスレッドから自作できるみたいだったので
今度作ってみようと思う。


スポンサーサイト
Home |  Category:独国 釣行記 |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

途中結構渋いところが長かったですけど少しは癒されましたね。
癒しの渓はまだまだあんなものじゃないので、今度は魚を外す方が長くなるように頑張ってください(笑)!

No Title

魚外すの飽きたとか言ってみたいですね。(笑)
でもあのロールキャストの時のようなスーパープレイが
1日に一回でもあれば満足してしまいそうです。

どちらかというとああいうことが出来るように頑張りたいです。

No Title

いい釣りされたようですね。僕は呑んで寝て、の週末でした^^。

No Title

いいなぁ~ 癒しの渓。
ほんま、モンシャウは欧州での約束の地ですわ。
メイフライの季節には大物のチャンスもありますよ!

悪巧みさん

今度ATでは、釣って、呑んで、喋って、巻いて、寝ましょう。(笑)
楽しみですね。

コムさん

話には聞いていましたが、ほんまにええところですね。
大物とか贅沢は言いませんが・・・、
やっぱり魅力的です(笑)

Home   Top
 
プロフィール

106

Author:106
元ベルギー在住
現 中部地区在住
欧州で釣りがしたくてフライフィッシングを始める。
帰国後も懲りずにつづけています。
Bozemann:元ベルギー ブリュッセル支部
現 中部地区所属
(ニックネーム:106&106奥)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。