スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

とりあえずやってみる

突然だが、ファールドリーダーを作ってみる事にした。

編むために必要な板はIKEAで組み立て式の棚用のもの(Euro3.5)をボルトナットで途中をつないで長さをかせいだ。
この板にはもともと最初から横板用の穴が開いているので便利。
それにBricoで径5mmの棒(Euro1.5)をそれぞれのポイントに刺して完成。
Furled leader board

この板に8/0のスレッドでリーダーを作っていく。
Web上で紹介されている方法は殆どが電動リューターかドリルの先に鉤状の金具をつけたものを使っているが、
自分はダビング用のツイスターを使った。
Furled leader twister
これだとスレッドのテンションが手から伝わるので何となく安心できる。
それにこのTMC製のツイスターはベアリングが付いているので縒るのもそんなに大変じゃない。

最初の1本目は綺麗に縒れなかった。
2本目は綺麗に縒れたがフライライン側とティペット側とのループが綺麗に出来なかった。
3本目。前の2本より綺麗に縒れたがやっぱり両端のループが上手く編めない。
4本目は3本目と縒り具合は同じぐらいだがチョット頑張ってループを編んでみた。

こうして、意外と短い時間で4本も縒る事が出来た。

総じて難しいのはスレッドを最後にどうやってテンションを掛けたまま止めるか?
これはまだいい方法がわからないが、そのうち何とかなるでしょう。
それと両端のループの編み込みは今後の課題とする。

Furled leader-1
これは1本目と2本目。

作ってみたらかなりしなやか、というよりもしなやか過ぎると感じたのでリンシードオイルを塗る事にした。
このオイルは油絵の具に使うそうなので、ブリュッセルならSchleiperで手に入る。

Linseed oil

この状態で2週から4週間の乾燥が必要だそうだが、出来上がりが楽しみだ。
5月の遠征にギリギリ間に合うかな?

Furled leader-2


こういうことは"習うより慣れろ"の精神で、あと4,5本作ってみようと思う。


スポンサーサイト
Home |  Category:道具に思う事 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

106さん>
クラフトマンの血が騒ぎ出しましたね!
完成品を見るのが楽しみです。
でも、縒るってツイスターで縒るとは思いませんでした。何本かを編んでいくのかと思っていました。

スティーリーさん

両端のループの部分がムズイんです。(笑)
今日も作ったんですが、一つのボビンで3本ぐらいしか作れないみたいで、途中で足らなくなってしまいました。
上手く作れるようになるまで幾つボビンがいるんでしょか(笑)

No Title

ほいほう、よさそうですね。
今度試させてください。長さどれくらいですか?

悪巧みさん

長さは2mぐらいなので6ftチョットです。
使うときはこれにエクステンドリーダーとティペットをつなぐのでもうチョット長くなりますね。

今使っているスレッドはナイロンなので、今度は手芸店でシルクのボビンを手に入れるつもりです。
そうするとシルクリーダーが作れるので上手く出来たら試しに使ってみてください。
自分でも楽しみなんですが、現在リンシードオイルを塗ってから4日ぐらいですが全然乾く気配が無いんですよね。(笑)
乾燥室に入れているんですがねぇ・・・。

Home   Top
 
プロフィール

106

Author:106
元ベルギー在住
現 中部地区在住
欧州で釣りがしたくてフライフィッシングを始める。
帰国後も懲りずにつづけています。
Bozemann:元ベルギー ブリュッセル支部
現 中部地区所属
(ニックネーム:106&106奥)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。