スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

ジャンキー確定

10月10日

スティーリーさんとのブリュッセル支部、部活動2回目。

我が家は朝から南部M岡にてスタート。
1時間ほどしたらトランシーバーにスティーリーさんから「出ました!」との連絡。
えぇ!こっちは生命反応が全くないのに!?と思いながらスティーリーさんのメソッドを妻にも伝え
続行。

その内またまた「出たけどバレました」との続報。でもこちらには全く反応なし。そんなに活性がいいとは思えない。

色々試したけど全然ダメ。
気が付くともう10時過ぎになっていた。

2009_Oct_10_1.jpg

スティーリーさんの提案で沖のポイントに移動。
暫くしても反応がないのでそれまでのノーマルリーダー+モー浜から切り替えて、フローティングラインにシンクリーダー+先週の釣行から思いついた新兵器フライ(モー浜と同じサイズで横がシマシマのベイトフィッシュをイミテート)を取り付けた。

これが大正解。
一投目、リーダーを沈ませてあまったラインを回収している間にガツンと出た。
ギューン、ものすごい勢いでリールが逆回転している。
気が付いたらバッキングラインも残り少なくなってきていた。
そう思った矢先、ものすごく沖で魚がジャンプした。今まで経験した釣りの中で自分が掛けている魚がこれほど遠くでジャンプする事はなかった。あの映像は多分忘れられない。
その後暫くリールファイトをして無事ランディング。

2009_Oct_10_4.jpg

一回目の部活で取り込んだ46cmの+13cmで59cmの虹鱒。
スゴイぞOV!

昼過ぎから長期出張中のFJMTさんがOVに遠征して来られていたのと合流するも風が強く、
4時過ぎにはブリュッセル支部は納竿した。

サイドストーリー(1)
ポイントを移動している途中にM岡付近で日本の方に遭遇。
またまた自分が言うのもなんですが、Bozemanneではない日本の方、しかもご夫婦に遭遇した。
この方は今日はじめてOVにいらっしゃたそうが、タックルはフライではなくスピニング。それに大型のスプーンをつけて、なんと自分たちがどいた後に2本上げているとの事。そして妻(106奥)が言うには自分(106)が59cmと格闘している間にもう1本上げておられたらしい。
初めてのOVで3本とは恐ろしい釣果である。(自分(106)的には伝説級)

サイドストーリー(2)
朝方、釣り始めてすぐにウェーダーのソウルがワニ口になり、応急処置として0xのティペットでグルグル巻きにするも消波提の石場を歩いているとすぐに切れてしまい、歩き辛い状況に陥った。
実は魚を取り込んだときもこんな状況だったのだが、これでは大変なので昼食のついでにOVの町のスーパーで靴下を購入。ウェーダーの上からこれを履いて応急処置とした。オランダ人の足の大きさに感謝。
我が家の釣り場応急処置グッズに靴下が加わった。
2009_Oct_10_2.jpg
↓対策後
2009_Oct_10_3.jpg




スポンサーサイト
Home |  Category:蘭国 釣行記 |  コメントアイコン Comment8  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
おめでとうございました

同行者としても嬉しいです。
それにしても良く突っ走ってましたね。
走りを止めてはいけないと言ってましたが、あんなに遠くまで走って行っていたとは、流石OVレインボー!!!
その病つける薬はありませんので、お気を付けて!!!(爆)

ありがとうございます。

今回も自分たち夫婦だけでの釣行だったとしたら
絶対に渡っていない南部フラットでの釣果なだけに
これもスティーリーさんのおかげです。

No Title

着実に釣果を積み重ねてますね~
サイズも順調にupしてますし、次はいよいよ60の大台ですね。
やはり初フライがスペイ川という経歴をお持ちなだけあって、只者ではないですね。

No Title

やりましたねー。
いいなー、僕は今日はBozeでした(笑)
精進します。

あるチュウさん

60オーバーは目標というか夢ですね。(笑)
スペイ川の件、無知とは恐ろしいものです。
クロニクルは近日中に続編を公開させていただきます。

悪巧みさん

Blog中では大正解とか書きましたが、私の場合は運に因るのが大きいと思います。
あと、スティーリーさんの作戦ですね。
今の所、我が家だけでのOV釣行は全てBozeです。(笑)

おッ見事!

釣ってますね~。
それにしても面白い応急処置思いつきましたね(笑)。

魚屋さん

スティーリーさんが現地フィッシャーマンはフローターの足ひれを履くときにわざわざウェーディングシューズを脱いでいるという話を思い出して、閃きました。
その逆もありなのでは、と。(笑)

今週末は土曜に用事があるので無理かと思っていましたが、魚屋さんもこられることですし、日曜日に半日だけ出動しようかと計画中です。
現地でお会いできるのを楽しみにしています。

Home   Top
 
プロフィール

106

Author:106
元ベルギー在住
現 中部地区在住
欧州で釣りがしたくてフライフィッシングを始める。
帰国後も懲りずにつづけています。
Bozemann:元ベルギー ブリュッセル支部
現 中部地区所属
(ニックネーム:106&106奥)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。