スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

踊る川

2010年6月26日

2010_6_26 Murlenbach-15

今日は、釣り仲間であり、先生でもあるスティーリーさんと欧州最後の釣行。


今まで教わったことをしっかりと出さないといけない。
と思っていたら、この日この場所は何を結んでも釣れた。
2010_6_26 Murlenbach-5
とにかく数秒でもドラグさえかからないように流せばよかった。

2010_6_26 Murlenbach-14
一回で出なくてもしつこく置けば出た。

途中、太陽の光が反射して自分のフライが見えないとき、テキトウに竿を持ち上げたら
魚がかかっていたり、ドライフライなのに沈んでしまったので回収しようと持ち上げたら
釣れてたりした。
そしてここにはブラウンもグレーリングもレインボーもいる。
自分はブラウンとグレーリング、妻はブラウンとレインボーの2冠までいって、3冠に大手をかけたけど
簡単には3冠は取らせてくれなかった。

それでも釣ったり、
2010_6_26 Murlenbach-2
釣られたり(笑)
2010_6_26 Murlenbach-10
そしてまた釣った。
2010_6_26 Murlenbach-18
↑分かりにくいが妻が釣った虹
2010_6_26 Murlenbach-12


全く反応が無かった区間もあったけど、この川のこの区間のヘブン指数は今までの釣行の中でもトップクラスに入るだろう。
2010_6_26 Murlenbach-8
広いプールのポイントでは出来る限りロングキャストした先ででたヤツを遅あわせで取れたことが嬉しかった。

気が付くと21時をまわっていたが、ここからイブニングが始まりフライが見えなくなるまで川の中にいた。
真っ暗になって、ライズはより激しくなってきて、多分テキトウに投げても釣れただろう。
しかし、ひざ上ぐらいまでの深さとはいえ、暗い中この川に居続けるのは危険。
なぜなら斜めになった滑りやすい底石のせいで、明るいうちから何度も何度もよろけさせられた。
これが傍から見ていると踊っているように見える。(酔拳の様でもあるが・・・。)

まさに釣り人を躍らせる川なのだった。

2010_6_26 Murlenbach-16
2010_6_26 Murlenbach-17

帰りの車では九州では何が釣れるか話しながら、家に着いたら1時をまわっていた。


スポンサーサイト
Home |  Category:独国 釣行記 |  コメントアイコン Comment10  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

106さn&奥さん

最終釣行もおかげさまで楽しく終了することができました。
当方はまた新たなフィールドに旅立ちます。
ご両名にとっては漸くフライフィッシングの扉が開いたところだと思います。 まだまだ奥が深く悩ましいい遊びですので、末永く楽しんでください。

No Title

ヘブン指数そんな良かったですかあ、なんでも5Xを軽々とブッチギる大物も居たんだとか。 今度僕も行ってみます。

No Title

いいですねぇ。
ブラッセル支部の後任探し宜しくです。
106さんも帰国間近とのことなので出張行った際に
受け入れてくれるBozemannがいなくなるのは寂しい限りです。

スティーリーさん

釣り人に優しいフィールドが多い欧州にいるうちに、魚が釣れたときの対応を学んでおきたいと思います。
そして日本に帰って、どうやったら魚が釣れるのか一から勉強しなおします。(笑)

悪巧みさん

あくまでも自分にとってのヘブン指数なので、
前回Los1で爆釣された悪巧みさんにとってはそれほどでもないかもしれませんよ。(笑)

Bさん

まさかブラッセル支部が我が家だけになる日が来るとは思っていませんでした。
後任探しは3冠取るよりも難しそうです・・・。

今年中は在任予定ですので、出張の際は是非ご連絡ください。

No Title

スティーリーさんとの欧州最後(?)の釣行、楽しまれたよう
で何よりですね。
私のような出戻りということもあるやもしれず、Bozemann何時までも残っていてくれればと思います。

FJMTさん

そうですね。
既にBozemannの先輩方はそのステージを欧州以外に移されている方も多々いらっしゃいますし、
Bozemannバッジのブラウントラウトがくわえているユーロフラッグも
その内に地球儀に変える日も近いのかもしれませんね。
それでも欧州には残っていてほしいですが。

No Title

まいどっす!
スティーリーさんが帰っちゃうと寂しくなりますね。

>>日本に帰って、どうやったら魚が釣れるのか
大丈夫、釣れるって!
入鹿池という手もあるしね(笑)。

コムさん

>>スティーリーさんが帰っちゃうと寂しくなりますね。
そうなんです。
今年の最初の頃は自分のほうが先に帰るはずんだったんですよ。


>>大丈夫、釣れるって!
入鹿池という手もあるしね(笑)。

入鹿池ですか!
あそこはプチOVといいましょうか、釣れたらデカイんですよね。(笑) 
帰ったら"先生"試してみます。
一緒にどうですか?(笑)

ブラックバスですが・・・。

Home   Top
 
プロフィール

106

Author:106
元ベルギー在住
現 中部地区在住
欧州で釣りがしたくてフライフィッシングを始める。
帰国後も懲りずにつづけています。
Bozemann:元ベルギー ブリュッセル支部
現 中部地区所属
(ニックネーム:106&106奥)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。