スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

ツール・ド・フランス

2010年7月21~24日
天気
21日:曇りのち雷雨
22日:雷雨のち晴れ
23日:晴れ時々雨
24日:晴れ

気温
21日:21℃
22日:17℃
23日:23℃
24日:24℃


21日がベルギーの祭日なのであと2日間有給休暇をいただいてピレネー国立公園へリベンジに出かけた。

結論から言うと、もう一度チャンスがあったとしても、もう行く事はないと思う。

前回も今回も釣行したピレネー国立公園の"Gave d'Aspe"や"Gave d'Ossau"という川は、フライ以外に
ルアーや餌釣りも同じ区間で許されているので魚影が薄いことが良くわかった。
前回の釣行では時期も早かったので他の釣り人とは会わなかったが、今回は15人ほどの釣り人を見た。
その内フライフィッシャーは3人で後は餌釣りだった。
C&R区間も短いので、魚が彼らに抜かれてしまっているのだと思う。

そして今回の最大の目的であるリベンジはというと、ギリギリクリアー。
2nd Pyrenee-15
川の神様に情けで釣らせてもらったような魚。


21日
現地について午後だけでも竿を出す。
2nd Pyrenee-11 2nd Pyrenee-13

入渓直前に出会ったフライフィシャーのおじさんがここはミッジだと教えてくれたので、#18のグリフィスナットを結んでいたらラインが手前の流れに引っ張られてクチャクチャになったので回収しようと思ったら魚がついていた。
"Gave d'Aspe"の本流にはブラウン以外にも遡上してきたシートラもいるらしいので、#5で望んだが
釣れたのはこの15cmにも満たない小さな魚。
引きとか何にもなし。(笑)

この川には"Le Tacon"というサーモンの一種もいて、これがそうかどうか色々調べたが、どう見ても虹だった。
"Le Tacon"の特徴は
・胸鰭が長い
・口が目の後ろまでいっていない
・赤と青紫の点々がある
・春先は降海する前に銀化する
・尾びれの真ん中が切れ込んでいる。
・降海して2~3年して50cm~1mになって戻る

天女魚に良く似た魚がサツキマスのようになって帰ってくるらしい。
2nd Pyrenee-31
2nd Pyrenee-17 2nd Pyrenee-16
このあと雨が降り出したので納竿。

22日
この日は泊まっていたホテルの前の道があの"Le Tour de France"のコースになっていたため、朝10時から14時まで通行止めになった。
10時までに帰ってくるつもりで朝起きたら雷雨だったのでそのまま2度寝。
8時ごろ起きて町の人と一緒にレースを観戦。
この頃には雨も止んでいた。
2nd Pyrenee-1
レース前にスポンサーがノベルティーを配りに来て、
2nd Pyrenee-22nd Pyrenee-3

2nd Pyrenee-32
これらが戦利品。

その後、一時部屋に戻ってTVでレースを観戦し、先頭集団が隣町に来たタイミングで前の道に出ると
暫くして
コンタドールや
2nd pyrenee-27
その他大勢
2nd Pyrenee-28
そして、日本の新城選手も自分たちに気付いて笑顔で通り過ぎていった。
2nd Pyrenee-30

さっきまでTVで見ていたレースが目の前を通り過ぎていくのが不思議だった。(笑)


14時になって川に向かうと信じられない光景が広がっていた。(笑)

2nd Pyrenee-19


この日はどこにいってもコーヒー牛乳どころかココアのような水ばかりなので止水ならいいだろうと
半ば管釣りのような場所を探し当てるも結局ここも同じだった。
ここでは5cmぐらいのがフライにちょっかいをだしてくるだけでフッキングはなし。
2nd Pyrenee-20
諦めて納竿。

23日
1日目のポイントを見にいくとまだ水量が多くて入れない。
2nd Pyrenee-24
だめもとで前回入渓した支流に向かうとやはりここぐらいしか竿をだせる川が無いからなのか
目ぼしいポイントはことごとく車が止まっている。
昨日から50cmは水量が引いているのでなんとか竿は出せそう。
2nd Pyrenee-5

空いているポイントを求めてとにかくどんどん上流を目指して行くと物凄く上流まで来てしまった。
2nd Pyrenee-4 2nd Pyrenee-6
ここまで来ると流れも激しくないので竿を出すが、全く釣れない。
釣り下がりながら50mほど行くとかなり落差のある滝に行き着いて危険なので引き返す。
良く見ると"大きな野生生物がいます!"という看板が立っている場所だった。(笑)
クマ、 ですか?
帰り道、綺麗な場所を発見して再度入渓。
ライズがあるので頑張ったが無視される。
フライラインが水面に落ちる時の波紋で脅かしてしまっているようだった。
そう思ってティペットを長くしてもやっぱり無視された。

疲れたので納竿。

24日
この日はブリュッセルに帰る日。
飛行機が午後なので朝だけ竿を出す。

雨で増えた水量が2日経ってやや流れも落ち着いたいい感じの条件。
2nd Pyrenee-7
それでも全く釣れない。
魚はたまにライズしたりしているのでいるみたいなのにダメなものはダメ。
引き出しを全部出しても釣れないので場所をかえることに。

最初の日に行った場所がギリギリは入れるぐらいになっていたのでもう一度トライする。
2nd Pyrenee-26 2nd Pyrenee-10
妻のフライにチビが一回出ただけで乗らず。

完全に心が折れて納竿。

今回の旅で一番楽しかったのはツール・ド・フランスの観戦だった。
あと、宿の料理は家庭的ですごくおいしいのに救われた。

ピレネーよりも近くの川のほうがよっぽど釣れます。(笑)







スポンサーサイト
Home |  Category:仏国 釣行記 |  コメントアイコン Comment10  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
日の丸を振る日本人

お疲れ様でした。1はゼロより偉大です。
実は、三辰でユーロスポーツから目を離したのはCMに入ってたからなんです。その間に通り過ぎた可能性もあり(笑)。

ラテン系の国は、

前にオーストリアのMuerz川で出会ったトリノから来たという
イタリア人が言ってましたが、
ラテン系の国の人は何でも食べちゃうので、鱒も食べられ
て川にはあんまり魚がいないということのような。。。
ちなみに、トリノからMuerz川までは7時間もかかるとか
で、7時間かけないと沢山は釣れないとかなんとか。

中国で猫と犬と鳥はあまり見かけないというような話も
聞いたことあるけど、、、、。

たしかに一理はありそうですね。

それと日本の渓流もあんまり釣れません。

悪巧みさん

先頭集団が通り過ぎてから次の集団が来るまで3分ぐらい、
その集団が通り過ぎるのが30秒ぐらい、
チョット目を離すと見逃してしまいますね。
というか、本当にTVに映っていたかどうかも怪しいもんです。(笑)

今回の「1」は、どうして釣れたのか分からない貴重な「1」でした。

FJMTさん

なるほど、そういう事情もあるんですね。

実は今回、日本もこんな感じなんだろうと思いながら竿を振っていたんです。
人が多いとか、スレているとか・・・。
帰国に向けてのいい予行練習になりました。(笑)

ピレネー

ですか、お疲れ様でした、大変な遠征だったようですね。
日本の方が釣れますから、ご安心下さい!

魚屋さん

我が家にとってピレネーは鬼門かもしれません。
こんなに釣れないといっておいて言い難いんですが、
本当に釣れないのか、誰か別の人に確認してほしいんですよね。(笑)

No Title

今ピレネーに居る部長が確認してます。 フライは幾つかあげました。川で初めてフライロッドを振って2日目、現在尚Bozeだそうです(笑)。

しかし魚はうじゃうじゃ居ると言ってます。
釣り方が分からないから上司命令で今すぐ教えに来いとも言われてます(笑)。

悪巧みさん

業務命令ということは出張ですね!(笑)

因みにピレネーのどこの川ですか?

No Title

なんか悲しい最後のチロル釣行を思い出すなぁ~
鉄砲水が出て1週間まるまる濁流でしたから・・・
人間、辛い思い出は忘れると言いますけど、しっかり覚えてるもんですわ(笑)。
で、ピレネーよりも日本の方が釣れるし大丈夫でっせ!

コムさん

自然相手のことなんでこればっかりはしょうがないんですが、
せっかく遠くまで出かけているのに川が濁流だとショックデカイですよね。

自分が日本の渓流で餌釣りをしていたときって、全然釣れなかったんですよ。
まぁ、下手なんで釣れないんですけど、今だから釣れるとは思えないので、
チョットかまえてしまいます。(笑)

Home   Top
 
プロフィール

106

Author:106
元ベルギー在住
現 中部地区在住
欧州で釣りがしたくてフライフィッシングを始める。
帰国後も懲りずにつづけています。
Bozemann:元ベルギー ブリュッセル支部
現 中部地区所属
(ニックネーム:106&106奥)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。