スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

自然と共に

2010年9月18日~21日

18日 Liver runs through it in Slovenia (rapidly)
2010 Sep slovenia-25JPG
数日前からの長雨で洪水のスロベニアに到着。
この日、首都Ljubljanaの一部は洪水で床上浸水したそうな。
着いていきなり今回は竿は出せないと腹をくくる。

宿のオバちゃんは2日経てば川の水は引くといい、そのときにはBacaかTrebuscaなら大丈夫だろうと言っていた。
天気が天気なので同じ宿には我が家のほかにフランスから来たという釣り人2人の1組だけ。
彼らが言うには明日はLjubljanaへ観光に行くという。

2日目の19日,
雨はやんだけどSoca川は暴力的な流れ。
2010 Sep slovenia-3

もうどうしようもないのでこの日は情報収集に徹する事にした。
雨のSoca水系の釣行ということで、コムさんのブログが非常に参考になった。
Baca川、Nadiza川、Kneza川の水量を確かめた結果、Nadizaが一番マシっぽいがそれでも川に入るのは自殺行為なほど。

時間も有り余っているのでSava川も見にいったらスゴイことになっていた。多分1mぐらいの増水。
2010 Sep slovenia-bohiji-1
因みに普段はこんな感じ、↓
2010_8_7 slovenia-1
しょうがないのでBohiji湖へ行ってみたらここの水は澄んでいる。
2010 Sep slovenia-bohiji-4

モジリもあるのでホテルでライセンスを買って岸から竿を出す事にしたら
そこそこ釣れた。
2010 Sep slovenia-bohiji-6 2010 Sep slovenia-bohiji-5

奇しくもスロベニアでの初ブラウンはBohiji湖で釣れた。

Socaの宿までは1時間半はかかるので、6時半で納竿。
宿ではフランスのおじさんたちが既に夕食の最中で、聞くとLjubljanaへ行く途中の道が洪水で交通規制が入っていたといっていた。
本当に物凄い雨だったようだ。





20日、前の日に確かめておいたNadizaへ行くと何とか入渓出来そうな状態だったのでダメ元で竿を出す。
出して30分ぐらいして妻に魚が掛かった。上げて見るとなんと待望の信性マルモラータだった。
2010 Sep slovenia-17
この川はイタリアからスロベニアへ流れ込んでいる川で、Soca水系とは違うのにマルモちゃんがいた事に驚いた。
それにしてもSocaエリアでの妻にとって最初の魚がマルモラータとは・・・。

それから、杖がないと渡れないほどの水量を何とか渡りきってからある溜りのポイントに#14 釣り下がり式のパラシュート黒を落とすと、思ったとおり魚が下から上がってきてランディングするとまたもやマルモちゃん。
今度は赤点があるタイプ。
2010 Sep slovenia-8

午前中はそれぞれ一匹ずつ追加して終了。
午後、Trebuscaの様子を見にいくと依然水量が多いし、入れそうなところには大体車が停めてある。
もう一度Nadizaへ戻り、橋の下から釣り下る事にした。
2010 Sep slovenia-9

17:00ぐらいになると川の反対側の流れで時々ライズがある。
それをめがけて遠投したら数投目でフッキング。
ヘッドシェイクをかわし、ジャンプもいなして近くに寄せてくるが泣き尺ほどの魚でも流れが速いので重く感じる。
すぐ前の流れで魚が定位したので竿にテンションをかけつつ相手の出方をうかがっていると、
「!」
突然テンションが無くなって、最近マイブームのラインブレイクかと思ったらただのフックオフだった。
かかりが悪かったのか・・・、でもしょうがない。
気を取り直して少し下流を攻めるとまた同じようなサイズのが乗った。
今度は逃すまいと、さっきよりも慎重にやり取りして、同じように定位されたところでやっぱり突然のフックオフ。
悔しくて絶対もう一匹出す!とおもっていたら本当に出てくれてそれはようやく取り込むことが出来た。
2010 Sep slovenia-19JPG
白っぽい虹だった。

その後、妻も同じようなサイズをかけたけど、これはヘッドシェイクでラインブレイクしてしまった。
暗くなってきたのでこの日は納竿。

宿に戻ったら別のフランスオヤジ2人組も加わっていて、フランスオヤジ組が2組になっていた。
昨日からいる組はTrebscaでマルモちゃん2匹とブラウンを上げたらしい。
今日からいる組はボウズだった。

ウチの釣果を聞かれたけど、ごまかした。
だって、あと明日1日しかないのにおじさん達と同じ川はこまるので。
ごめんなさい、おじさん達。本当はウチはおじさん達より釣れてました。(笑)

最終日、やっぱり同じNadizaへ
昨日よりも更に水が減っていい感じになっている。
これからもっと釣りやすくなりそうだけど、こればかりは自然の都合にこっちが合わせるしかない。
入渓してすぐに昨日の午後と同じサイズのが上がる。
2010 Sep slovenia-11

昼になってもボーズの妻は焦っていたが、いつの間にか釣れていたというグレーリングに救われる。
2010 Sep slovenia-20JPG
この後、僕もグレーリングを上げる。

妻は釣った気がしないと言っていたら
2010 Sep slovenia-21JPG
そのあと、速い流れから丸々としたヤツを引ずり出した。
それからすぐにこれも、
2010 Sep slovenia-22JPG

あとこんなのも釣ったり、洪水のスロベニアでも十分釣りが出来た。
2010 Sep slovenia-18

この日もフッキングしてからヘッドシェイクやジャンプをかわしてその後定位し突然フックオフ、という事が2回もあった。
魚の口が堅いのか、フッキングの角度が悪いのか?
だけどそれまでしっかりとフッキングしている手ごたえはあったんだけどな・・・。
これだけは解せない。


到着した日は諦めていた釣りも最終日には晴天になって、欧州での渓流はこれにて納竿。
2010 Sep slovenia-12
2010 Sep slovenia-15

いい思い出が出来た。
この釣行に当たってはドイツFJMTさん、プラハ釣輝さん、コムさん(ブログ)、悪巧みさん、に色々と情報をいただけた。
本当に役に立ちました。
ありがとうございました。

さて、あとはOVでデカマスを何とかしないと。




スポンサーサイト
Home |  Category:スロベニア釣行 |  コメントアイコン Comment10  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

おっ! 雨で増水という厳しいコンディションやったんですね。
でもちゃんと釣ってはるトコが凄い!

さぁ、OVです!(笑)

No Title

天気だけはどうしようもない自然の遊びですが、なんとか釣り場を見つけて釣ってくるところ、腕をあげましたね!それにしても良い旅だ。

コムさん

コムさんのブログが無かったら釣れて無かったと思います。本当に。
Nadiza川の事は宿のオバちゃんやフランスのムチャクチャ釣りそうなオっちゃんもノーマークのようでした。

釣りとは情報という事が身にしみる釣行でした。


残るはOVですね!

スティーリーさん

釣り場を見つけるところから釣りが始まっているんですね。
今回はそう言うい釣りでした。
川を探すのにレンタカーでの移動距離が3日で500km越えてましたよ。(笑)

結果的に釣れたので、いい旅になりました。
Socaでもスティーリー流が通用しましたよ。


No Title

天気予報はボクも見てました。後半はいい釣りされてるだろうなと思ってましたよ^^。

No Title

釣り場探しに奔走しながらも、しっかり釣ってしまうのはお見事。 
さすがです。

OV一緒に頑張りましょう。

悪巧みさん

一本でも行ける川があったのでそれで十分でした。
本当にラッキーでした。

RMさん

スロベニア、是非行ってみて下さい。
本当にお勧めです。
情報は惜しまず提供します。(笑)

OVは厳しいですが頑張ります。

No Title

大増水、濁流で大変でしたね。
でも何とかなって良かったっすね!

魚屋さん

レスが遅れて申し訳ありません。
ようやくWebのある環境に戻ってきました。

到着した日には今回のブログのタイトルを"ピレネーの悪夢再び"に決めていたのですが、
2日目から何とかなりました。
欧州の渓流が濁流で終わらずに良かったです。(笑)

帰国したらウチの近所にもナマズポイントがあるので挑戦したいと思います。
ポッパー巻かないと、です。(笑)

Home   Top
 
プロフィール

106

Author:106
元ベルギー在住
現 中部地区在住
欧州で釣りがしたくてフライフィッシングを始める。
帰国後も懲りずにつづけています。
Bozemann:元ベルギー ブリュッセル支部
現 中部地区所属
(ニックネーム:106&106奥)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。