スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

親睦会

2011年6月24,25日
激しい雨

僕の職場には釣り好きが沢山いる。
でも全員ルアーマンで、以前にもフライvsルアー対決をした事がある。

その対決をした管釣りに有志による職場親睦会のため、一泊二日で釣行に出かけたのでした。
嫁は別の約束があったのでお休み。

前回の対決では魚の食いが渋くてニンフのフリーフォールメソッドに分があった。
でも今回は行く前から雨なのがわかっていたので恐らく池の水は濁っているだろうと想像していたし、
「待ち」のルースニングではなく、「誘い」のストリーマー引っ張りで行こうと思っていた。

現地に着くと、やっぱり水はコーヒー牛乳のようになっていた。
一応、前回調子のよかったニンフを結んでフリーフォールで待って見たけど
そんな小さな的は見つけてもらえないらしく、全く反応がない。
チョット作ってみたなんちゃってイワイミノーとシンキングラインで
ブービートラップにしてためして見ても反応なし。
しかも"ナンチャッテ"はすぐに壊れた。(笑)


色々試したら#8オリーブマラブーに白ハックルのヤツをゆっくり引っ張るのが一番反応が良いみたいだったので、
フライはこれで固定。
とにかくこれでよく釣れた。

2011_6_24鹿島槍‐1
ココの名物でもあるアルビノ虹、 通称:金魚
これを金魚モーハマで狙ってみたけど不発だった。(笑)

2011_6_24鹿島槍‐2
"銀化したなにか"とかも混じってます。

2011_6_24鹿島槍‐3
ココのブラウンは胸鰭が退化しているのがほとんどで、写真を撮るのはいたたまれないけど、これは綺麗な魚体だった。

2011_6_24鹿島槍‐4
OVの虹に比べると大人しいもんです。

2011_6_24鹿島槍‐5
ジャガーっぽいブルックは40cmぐらいだったけど、上の虹よりはるかに引いた。

というわけで管釣りなので色々釣れて楽しく過ごせました。
スポンサーサイト
Home |  Category:長野釣行 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

106

Author:106
元ベルギー在住
現 中部地区在住
欧州で釣りがしたくてフライフィッシングを始める。
帰国後も懲りずにつづけています。
Bozemann:元ベルギー ブリュッセル支部
現 中部地区所属
(ニックネーム:106&106奥)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。