スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

道連れ

2011年7月29日
雨のち曇り

高原の流れ
 餌師、川鵜
  先行者
  

Bozemann中部支部納涼会の集まりの席でミッチーさんが我が家を開田高原に連れて行ってくれることになった。
ミッチーさんは絶対釣れると豪語しておられたが、これは我が家のヘッポコぶりをしらないので仕方が無い。

多治見ICで待ち合わせて2台で現地に向かい、先行するミッチーさんの車はある場所でとまった。
周りには民家が点在する場所で、なんとなくゲロルを思い出すシチュエーションだ。

入渓して、あそこのアシの際を流すように言われ、数回試みるとバシャっとチビが飛び出した。
手前まで持ってきたところでテンションがゆるくなった拍子にそのまま軽くなってチビは行ってしまった・・・。
ここのところこんなことばかり、魚がこっちに走ってきた時にラインを手繰るのが間に合わないことが多くて、
どうしてもラインのテンションがキープできない。

気を取り直して嫁と先行を交代して進む。
それにしても行く手を阻むクモの糸が太い。ラインに絡むとどっちがティペットか分からないぐらいだ。
絡んだクモの糸をハサミで取り除いていると前の方で奇声が上がったので顔を上げる。釣れたのかな?
2011 7 29-1


どうやら目の前まで岩魚が追ってきて直前でドラグがかかり引き換えしていったらしい。
どこかで聞いたことがある話。(笑)

時々ミッチーさんが先行したり、変わってもらったりと遡上する。
昼時になったので車まで戻り、近くの美味しいお蕎麦屋さんで昼食を取り、再び別のポイントに移動。

ここでは魚に全く相手にされずに終わる。
ミッチーさんはそろそろ帰宅しないといけないというのでココでお別れ。
我が家のボウズップリに巻き込んでしまいました。

我が家はもうチョット居残りする。イブニングを狙うために時間を稼ごうと、第3のポイントを教えてもらい
入渓しようとすると先行者らしき車を発見したのですぐ終了。
その場でモタモタしていたら時々稲光がおこる雨が降ってきて車の持ち主が帰ってきた。
やはりフライマンだった。

朝一で教えてもらっていたイブニングポイントに移動してチョット早いけど、ライズを待つ。
18時、一匹がライズを始める。
カディスを流すと沈黙。
その後、一帯が沈黙。
19時、足場が見えないほどになってきたので納竿。
2011 7 29-2


BOZE。

ミッチーさんすみません。
我が家の道連れにしてしまいました。



スポンサーサイト
Home |  Category:岐阜釣行 |  コメントアイコン Comment10  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

う~ん、厳しいですねぇ!
見切り上等!気楽に行きましょう!

No Title

長いこと生きてると、そんな事もあるって・・・
あれも釣り、それも釣りです。  

スティーリーさん

う~ん。
素晴らしいお言葉!
目が覚めました。

コムさん

釣りに行っているので釣れた方が良いに決まってるんですが、
フライを思ったところに持っていけるとそれだけで嬉しいんです。
これも釣りだと思って楽しんでます。(笑)

うーん、合わじ

17日だと東京なんです。18/19日は蓼科ですし…

No Title

開田高原で丸坊主なんてなかなか経験できません(笑)。いい思い出になります。
これに懲りずまた行きましょうね。

Bさん

ダメですか~。
残念!

ミッチーさん

全然懲りてないです。(笑)
是非ご一緒させて下さい。

No Title

ボクもSocaで見切られてきました(笑)。

悪巧みさん ですよね?

SOCAはSAVAに比べると厳しいですね。
僕もマルモさんの魅力がなければ二回目は行ってなかったと思います。

Home   Top
 
プロフィール

106

Author:106
元ベルギー在住
現 中部地区在住
欧州で釣りがしたくてフライフィッシングを始める。
帰国後も懲りずにつづけています。
Bozemann:元ベルギー ブリュッセル支部
現 中部地区所属
(ニックネーム:106&106奥)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。