スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

師匠と

2012年5月12日(土)晴れ時々小雨 気温8℃

K師匠が中部地区にやってきた。
釣行をジミーさんがアレンジしてくれたのでミッチーさんとそのお弟子さんも加わり、
我が家と合わせて6人のパーティーとなった。

駐車場所に僕たちの車が到着した時には先行車両が停まっていたので不安が走ったが、
とりあえず釣り場を見ることにして、我が家と師匠は上流を目指した。
歩き出してすぐにみえた先行者はルアーマンだった。
邪魔をしないようにある程度区間を飛ばして上流を目指し、最初はコムさん情報で調子がいいとの支流を狙うつもりだったが、
なにせ前は一年前の釣行でうろ覚えの我が家は支流への道を通り過ぎてしまい、
そのまままっすぐ道沿いに遡上してしまったので仕方なく
ここまで来たら先行のルアーマンの邪魔にはならないだろうというところで入渓することにした。


入渓後、師匠はサクッと一匹釣りあげ、続けてまぁまぁなサイズを釣り上げた。
スゴイスゴイとは聞いていましたが、師匠のフライは物理に反した動き、というか
動くはずのフライが流れの中で留まっているのでした。

テレビで見たことがある。
大体“師匠”と呼ばれる人は何でも簡単そうにこなす。
そんな感じだった。
そうこうしている内に嫁も一匹釣りあげ、なんとなくイヤな空気が流れる。

今日来れなかったコムさんが事件を期待している…。
事件?いやそれは自分におこるものではない、そう信じながら師匠が魚を出した場所のちょっと上流にフライを流す。
大きな岩があって、その死角になるなるところを流れたフライを僕は一瞬見失い、なんとなく不安になったので
竿を起こしたら水中でギラっと魚が翻った。
完全に向こう合わせだったがここでバラスと一日が重い空気に包まれることはわかっているので慎重に後ろに下がりつつランディング。
まぁまぁなサイズだった。
こうして気持ちよく一日が始まった。
師匠も笑顔。さあここからは一日を楽しもうとおっしゃった。
2012May12-1.jpg

だけど最初に入渓したポイントが妙に魚影が濃かっただけで、その後全体的にシブイ印象だった。
嫁が先行して釣りあがるもののなかなか反応がない。そのうちライントラブルとかで師匠に先行してもらう。
そうするとサクッと釣れた。そして
「魚、いるいる。」
と教えてくれるのでした。(笑)

我が家にとって魚はたまに反応があるぐらいでなかなか会えない存在だったが
それでもその反応があるなかの一つ二つをとれたりしたので十分楽しめた。
2012May12-3.jpg
2012May12-4.jpg

一方、もう一つのパーティーのミッチーさん、ジミーさん、新弟子さんの方はというとまず朝一で駐車場所から
下流に移動して釣りあがるパターンだったが午前中はジミーさんに釣果があっただけだったらしい。

午後一度合流するために下山してからもう一度今度はちゃんと支流に入るために我が家が師匠に先行して
入渓した。師匠はミッチーさん組と合流してから後を追うとの事だった。
入った途端、朝のルアーマンが下山してきてもうここに入ったよと声をかけてくれた。
僕たちが追い越していくのを見て支流に入ったらしい。
そしてそのルアーマンは後から追いかけてきた師匠とミッチーさん組と出会い。いろいろと情報をくれ、
それを元にミッチーさん組は上流を目指した。

我が家は師匠と合流してからその情報を聞いて、朝にルアーマンのために残しておいた区間を釣りあがることにしたが、
師匠は支流の様子を見てから後から合流するということになった。
ルアーマンのために残しておいた区間はポツポツ反応があって楽しめたが、爆釣というほどではなかった。
暫くして師匠が支流から降りてきたので支流の様子を聞くと、全然生命反応がなかったそうです。(笑)
師匠でそうなんだから自分たちでは全然ダメだっただろうからあの時の判断は間違ってなかった。

今日の釣行は主に嫁がマンツーマンで教わり、僕はそれを後ろから見ているというスタイルだった。
帰りの車で嫁はメチャクチャ勉強になったと言い、そして爆釣の夢を見た。
2012May12-2.jpg

今回、師匠は我が家2人に同行してくれたので、メチャクチャ勉強になった。
僕が直接教われたのは少しだったが、それでも嫁の教わっている様や師匠が単独で釣りあがっているところが
見れただけでも十分だった。
しかも嫁は師匠からフライを2個もゲットしていたので今後の参考にするしかないのであった。
でもあの浮力は見ただけで真似できるレベルで作られているとは思えないので次はその謎を質問するつもり。
そういえば僕の竿の振り方がちょっと変わっているというのも言われて初めて気が付いたことだった。
特に直す必要もないとの事なので自己流を伸ばすことにする。(笑)

上流を目指したミッチーさん組は満足のいく結果ではなかったようだが後で立派な魚の写真を見せてもらえた。
新弟子さんは残念ながら不発に終わったようだが惜しい場面もあったようなのでそのうちにリベンジを果たすことでしょう。
何にしても新弟子さんが釣れて我が家がBozeという最悪の事態を逃れることができたことには胸をなでおろした。
K師匠、ミッチーさん、ジミーさん、新弟子さん、楽しい一日をありがとうございました。

次は6月にもう一度師匠の中部遠征が企画されているのでぜひ参加したいと思う。



スポンサーサイト
Home |  Category:岐阜釣行 |  コメントアイコン Comment14  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

おお~、いつのまにかバンバン釣ってますね。
近い将来一緒に竿を並べられるよう精進しておきます。

No Title

事件が起こらず、つまらな~い!(笑)
それにしても参加できずに残念でした。 
次回、またどっか行きましょう!

事件

事件を起こさないようにするのも大変なんです(笑)。フライをティペットに結ばず川に流してみてください。どのフライでも沈まないと思います。それが目標です。キャスティングはハイスピードハイラインのように見えました。水面からかなり上でターンオーバーするので、風があるときにはダーツのように近距離に正確にフワッと落とすのが難しいかもしれません。またご一緒しましょう。

悪巧みさん

是非ご一緒しましょう!楽しみにしています。

コムさん

次は6月ですよね!
楽しみにしています!

K師匠

ハイスピードハイラインのこと、ネットで調べました。
狙っていないのになっちゃってるのはよくないですね。(笑)

これからはキャスティングにも意識するようにします。
色々気を配らないといけないので大変です。(笑)

精進しないと…。

また行きましょうね~!
次回は事件の起こりそうな『ウラカイダ』かな?

No Title

僕が兄弟子ですんで奥さんに宜しくお伝えください。まだ、旦那さんは本格的に洗礼を受けていないとみました(笑)。あの方、基本的にドSです。でも、FFの腕は凄いです。記事で書かれている通り、見ているだけで勉強になります。「はい、これっ。今日のフライ」と渓にあったフライを1セット渡してくれたりするんで、その優しさに"胸きゅん(死語ですね)"しちゃったりします。40過ぎのおっさん同士の3角関係は見苦しいのでやめましょうね(爆)。

諸々

ハイスピードハイラインっぽいと言ったのは手首の動きが似ていたというだけですからそれほど深く考えないでください(笑)。どSって、ただ一緒に釣りしてるだけですが(笑)。

ジミーさん

ウラカイダは釣れてもBozeでも事件になりそうですね(笑)

Bさん

嫁は間違いなくBさんの兄弟弟子ですね。
釧路でもみっちり教わってましたし。(笑)

我が家にとってはBozemannの皆さんは全員が先生みたいなもんなんですが、
僕はやっぱりスティーリーさんの門下生という気持ちが大きいです…。


K師匠

なるほど、そういうことでしたか。
手首が動いているというのは聞こえがよくないですね。(笑)

僕には(まだ)ドSには見えてません。(笑)

No Title

いつの間にか少しづつ活性が上がってきましたね!仲間が多いと情報も多いし、ワイワイ楽しそうで実に良いです。

スティーリーさん

K師匠やコムさん、Bさん、ミッチーさんが教えてくれたことって、
結局スティーリーさんに言われていたことなんですよね。

同じことを角度を変えて教わるとだんだんわかってきます。
でも、耳で聞くよりも目の前で技を見せてもらうと本当に勉強になりました。

Home   Top
 
プロフィール

106

Author:106
元ベルギー在住
現 中部地区在住
欧州で釣りがしたくてフライフィッシングを始める。
帰国後も懲りずにつづけています。
Bozemann:元ベルギー ブリュッセル支部
現 中部地区所属
(ニックネーム:106&106奥)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。